NEW

“「卵子の老化」キャンペーン”よりも、“客観的で誠実な”性教育を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

 「卵子の老化」キャンペーンよりも、客観的で誠実な性教育をの画像1
Photo by Mixy Lorenzo from Flickr

 NHKの小野文惠アナウンサーが、不妊治療を特集した番組の中で「50歳ぐらいまでに産めばいいのかなと思っているうちに手遅れになりました」と発言したことについて、前回触れた。思えば、「閉経までは産めると思っていた」「高齢になると妊娠しづらくなるなんて誰も教えてくれなかった」と最初に公言した有名人は、国会議員の野田聖子さんだった。野田さんは、卵子提供を受け、2011年に50代で出産したが、最初の結婚(事実婚)をした40代前半から不妊治療を行っていた。

 野田さんのような知的で影響力のある女性が「誰も教えてくれなかった」と公言したことから、「高齢になると妊娠、出産がしづらくなるということを啓蒙する必要がある!」という空気が蔓延し、これを裏付けるデータも登場した(スターティング・ファミリーズ調査。日本人女性の妊娠に関する知識の習得度は、先進国18カ国中、下から2位という結果。極めて質の悪いデータであると専門家が指摘している(1))。

“「卵子の老化」キャンペーン”よりも、“客観的で誠実な”性教育をのページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!