NEW
池内ひろ美「男と女の問題を斬る」

不倫疑惑の今井絵理子議員、「一線を越えていた」可能性…本人にジャッジの資格なし

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

裁く権利があるのは橋本市議の妻


 さて。世の中の妻たちにとって、夫が「一線を越えた」と感じるのはどんなときでしょう。人それぞれのため明確な定義はありませんが、たとえば異性と2人きりで食事をしたとき、たとえそれが喫茶でも、妻への裏切りだとする人もいます。あるいはキスしたとき、少しお酒に酔うとキスをする癖のある人やキス文化のある欧米人以外は、浮気をしたとカウントされる可能性は高いですよね。

 または、既婚者の場合は男性ではなく女性が行うことが多いようですが、異性を部屋に招き入れたとき。過去には角界の元女将や俳優の妻などの例が世間を賑わせました。

 さらに、セックスすれば「一線を越える」ものですが、主観的な恋愛と異なり、既婚者の婚外セックスを問うためには客観的な証拠が必要です。不倫している当人は認めないため、彼らの首根っこを押さえることのできる具体的な証拠が必要です。

 逆に、異性とのセックスやセクハラがあっても、妻が不問に付す場合もあります。第42代アメリカ大統領ビル・クリントンが、24歳のホワイトハウス実習生のモニカ・ルインスキーとの「不適切な関係」が発覚し、彼女が「大統領はセックスのソウルメイト」などと表現しても、妻ヒラリーは「夫の行為を好ましく思っていないが、あくまでもプライベートな問題」とナイス・アシストし大統領を守りました。さすがというか、大学生時代に「私はボーイフレンドをアメリカ合衆国大統領にする」と友人たちに宣言したヒラリーは、腹のくくり方が違うということでしょう。

 いずれにしても、今井議員と橋本市議を裁くことができるのは、橋本市議の妻とともに、彼らに裏切られたと感じた有権者でもあります。
(文=池内ひろ美/家族問題評論家、八洲学園大学教授)

●池内ひろ美
1961年岡山市生まれ。家族問題評論家、家族問題コンサルタント、日本ペンクラブ会員、八洲学園大学教授(女子学、結婚論、家族論)、一般社団法人日本女子力推進事業団(Girl Power)代表理事、内閣府後援女性活躍推進委員会理事、一般社団法人全国危機管理推進事業団理事。
1996年より「東京家族ラボ」主宰。精神科医、弁護士、心理カウンセラー他専門家が参加しカウンセリング、ワーク・ショップ、講演会、研究会等を行う。相談件数3万7000件以上(相談者男性4割、女性6割)。結婚と離婚、恋愛、親子関係などのコンサルティングを行い、現代の男女・家族のコミュニケーションから、本人が幸せを感じる生き方にいたる問題を相談者とともに考える。
Website http://ikeuchi.com
Facebook  https://www.facebook.com/hiromi.ikeuchi.77?ref=nf
Instagram  https://www.instagram.com/ikeuchihiromi/

不倫疑惑の今井絵理子議員、「一線を越えていた」可能性…本人にジャッジの資格なしのページです。ビジネスジャーナルは、連載、不倫今井絵理子議員橋本健神戸市議の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!