NEW

デニーズ「ちょい飲みセット」は本当にオトクなのか?微妙な金額で頼む客はまばら

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
デニーズの「ほろデニセット」
 セブン&アイ・フードシステムズが全国に約380店舗(2017年8月時点)を展開しているファミリーレストランチェーンのデニーズが、8月1日から9月4日までの期間限定で「ほろデニセット」というキャンペーンを展開している(「和のデニーズ」という別コンセプトで営業中の佐野店、岩槻インター店は対象外)。


 これは、生ビールのジョッキ1杯(税込430円、以下金額はすべて税込表記)と全8種類のおつまみ(各268円)から1品をセットで注文、540円で楽しめるというものだ。本来の合計金額である698円から158円の割引になる計算だ。

 近年、牛丼チェーンの吉野家が実施している「吉呑み」をはじめとして、外食各社が続々と“ちょい飲み”に参入している。デニーズも以前からアルコールを提供しているが、夏に向けてオトクなセットを始めた格好だ。

 実際、コストパフォーマンスや満足度はどんなものなのか。ほろデニセット開始初週の8月4日、東京都内のデニーズに足を運んだ。

グラスワインもセットになるがオトク感は減少


 今回訪れた店舗は、最寄り駅から徒歩10分弱、都道に面していて駐車場も用意されている。18時半頃というディナータイムだったが、客入りはまばら。案内された2人がけのテーブル席の上には、今回のお目当てである、ほろデニセットのポップが貼りつけられていた。

 セットの詳細に改めて目を通すと、生ビールのほかにグラスワインの赤か白(各322円)を選ぶことも可能なようだが、この組み合わせでは通常価格(ワイン1杯とおつまみ1品=590円)から50円の割引にしかならないため、オトク感はだいぶ薄れる。ということで、生ビールとガーリックポテトを注文した。

 全8種類のおつまみは、フライドポテト、牡蠣フライ(2個)、ガーリックトースト、スモークサーモン、ジャーマンポテト、生ハム&ポテトサラダ、ガーリックポテト、ベーコンとほうれん草という選択肢だ。

 注文から1~2分後、まずは生ビールのジョッキが手元に置かれ、さらに数分たってガーリックポテトが到着した。金額と量を考えると、ガーリックポテトはかなりコスパがいいように感じる。

 そもそも、生ビールの通常価格(430円)はあまり安くない気がするが、540円のほろデニセットの場合は+110円でガーリックポテトがついてくると考えれば、満足度は低くない。たとえば、数人で複数のおつまみをシェアすれば、ほろデニセットの充実感はさらに増すだろう。

生ビール注文客の約半数は「ほろデニセット」


 1時間ほど滞在している間、ほろデニセットはおろかアルコール類を注文している客はほとんど見受けられなかった。

 仕事帰りとおぼしきワイシャツ姿の男性が来店したが、頼んでいたのはデミグラスハンバーグとコーヒー。この日は金曜の夜だったこともあり、本格的にお酒を飲みたい人はデニーズのようなファミレスではなく、居酒屋などに流れていたのかもしれない。

デニーズ「ちょい飲みセット」は本当にオトクなのか?微妙な金額で頼む客はまばらのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、ちょい飲みデニーズファミレス生ビールの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!