NEW
岡田正彦「歪められた現代医療のエビデンス:正しい健康法はこれだ!」

「最高学府」東大、科学論文捏造が波紋…不正蔓延の科学界、STAP論文は氷山の一角か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東大教授の論文不正の内部調査結果について記者会見する東大の境田正樹理事(左)ら(読売新聞/アフロ)

 東京大学は1日、分子細胞生物学研究所の渡邊嘉典教授らが執筆し、英誌ネイチャーなどの海外の有力科学誌に掲載された論文に捏造などの不正があったと発表しました。

 政治家がいくら嘘をついても、また官僚が国民に資料を隠ぺいしても、誰も驚かない世の中です。そんな時代、ただひとつ真実を伝えてくれるのが「科学」だったはずです。2014年に起こったSTAP細胞論文問題が日本中を騒がせたのは記憶に新しいところですが、実は世間の期待にもかかわらず、科学論文の捏造は以前からありました。

 テレビカメラの前でスプーンを曲げてみせたことで有名になったユリ・ゲラーという人を覚えているでしょうか。今から40年ほど前、脳波などを駆使して、科学的に彼の超能力を証明したとする論文がネイチャーに掲載されましたが、しばらくして、なんと2人の著者が「宗教団体から研究資金を得て論文を捏造した」と告白したのでした。

 この程度の話であれば、単なるおもしろ話で済ませられるかもしれません。米国の研究者の分析によれば、出版後に捏造が指摘されて取り消しとなったものが2,047件もあったそうです【注1】。興味深いのは、5編以上も取り消された悪質な研究者(またはグループ)が38人(組)いて、ブラックリストに掲載されているという点です。

 騙しのテクニックもいろいろです。科学論文が専門誌に投稿されると、まず編集長は世界中の専門家のなかから複数の人に審査(査読という)を委託します。ただし研究分野があまりにも多様化した現在、編集長が査読者を探し出すのは至難の業。私自身も米国の科学雑誌で共同編集長を長く務めてきましたが、この選定作業にはほとほと疲弊してしまったものです。私の経験から強調しておきたいのは、査読の段階で捏造を見抜くのはほぼ不可能だということです。「嘘は書かれていない」という大前提があるからです。

 最近では、論文投稿に際して査読の候補者リストを添付させる雑誌が増えてきているのですが、その裏をかいた欺瞞行為も横行しています。実在する専門家の名前を挙げた上で、メールだけ自分または仲間が開設した偽アドレスでリストを作成し、まんまと査読者になりすますのです。依頼のメールが届いたら、素知らぬ顔で「掲載に値する」と偽メールを返信するというもので、ほとんどが中国からの投稿だそうです【注2】。

「最高学府」東大、科学論文捏造が波紋…不正蔓延の科学界、STAP論文は氷山の一角かのページです。ビジネスジャーナルは、連載、STAP細胞論文問題捏造東京大学の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!