NEW

夫がだらしないのは妻のせい? 夫の成功は妻のおかげ? 内助の功という信仰

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

夫がだらしないのは妻のせい? 夫の成功は妻のおかげ? 内助の功という信仰の画像1
Photo by freestocks.org from Flickr

 専業主婦の母によって育てられた世代がいわゆる“結婚適齢期”とされる時期を迎えたとき、すでに専業主婦という選択肢は一部の女性のみの特権となっていた――。

 内閣府「男女共同参画白書平成29年度版」によると、2016年(平成28年)時点での共働き世帯数(雇用者の共働き世帯)は1,129世帯で、専業主婦世帯数(男性雇用者と無業の妻から成る世帯)は664万世帯。1980年(昭和55年)時点では、共働き世帯614万、専業主婦世帯1114万だった。徐々に共働きが増え、専業主婦が減っていき、バブル崩壊直後の1991年(平成3年)から両者の数はほぼ半々となり、今から20年前の1997年(平成9年)時点で、共働き世帯949万、専業主婦世帯921万と、前者が後者を上回っている。その後2016年に至るまでずっと、共働き世帯多数が専業主婦世帯数を上回った状態が続いているが、農林産業の世帯などを含めると両者の開きはもっと大きいかもしれない。

 つまりこの国は、20年前から共働き世帯が多かったし、その差は開くばかり(女性の社会進出が叶った結果だといえば聞こえはいいが、男女の賃金格差や昇進格差は未だ残存しており問題は山積している)。また、2010年時点での生涯未婚率は男性20.1%、女性10.6%(厚生労働省「平成28年版厚生労働白書」)。2013年に推計された、2020年の生涯未婚率は男性26.6%、女性17.8%(同)であるが、こうした状況を一切鑑みない「結婚幻想」や「内助の功(あるいは「あげまん」)信仰」は、相も変わらず根強い。

 前置きが長くなったが、本稿は「内助の功」に関するネット記事および書籍について書いていく。私の立場としては、「内助の功」という考えそのものを否定する気はないが、自立した大人同士が結婚しているはずではないのか、と疑問に思ってしまう、というものだ。

夫がだらしないのは妻のせい? 夫の成功は妻のおかげ? 内助の功という信仰のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!