NEW

ヒアリ特需期待外れの殺虫剤業界に「プシューッ」と異変…アース製薬は業績悪化、フマキラーは最高益

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヒアリ(「Wikipedia」より)

 強い毒性を持つ特定外来生物のヒアリが、中国広東省広州市から神戸港に運ばれたコンテナの中から国内で初めて見つかって以降、全国各地で確認され、大騒ぎになっている。

 環境省は2005年に外来生物法に基づく「特定外来生物」の第1号にヒアリを指定して以来、警戒を続けてきた。ヒアリは南米原産だが、1930年代に米国に侵入。21世紀に入り、太平洋を越え豪州や中国、台湾など各地に広がっている。

 ヒアリは人を刺し、家畜を襲う。また、電化製品や通信設備の中に入り込み故障の原因にもなる。経済的損失は米国で年間6200億円、豪州で1400億円と推計されている。

 ヒアリの国内への定着が危惧されるなか、殺虫剤の出荷は伸びたが、殺虫剤市場全体に占めるアリ用製品の売り上げ規模は5%以内だ。

 ヒアリ関連銘柄は、フマキラーとアース製薬が双璧だが、両社の決算を見る限りヒアリ効果は限定的で、むしろ厳密にいえば、ほぼなかったといってもいいほどだ。

 アース製薬は8月4日、17年1~6月決算を発表し、17年12月決算(通期)の連結純利益が前期比47%減の20億円になる見通しとしたことから株価は急落。7日には5660円(470円、7.7%安)と5カ月ぶりの安値に沈んだ。当初予想は13%増の38億円だったが、一転して減益予想となり、業績悪化を嫌気した売りが出た。

 投資家が問題にしたのは、収益性の高い殺虫剤の売り上げが計画を下回ることだ。1~6月期の殺虫剤売り上げは452億9400万円。前年同期比1%増(4億6500万円増)にとどまった。アナリストは「(通期決算の)下方修正はネガティブ」と指摘している。

 大塚製薬グループのアース製薬の株価は、6月下旬のヒアリ報道から殺虫剤の売り上げ増の期待が膨らみ、株価は大きく上昇した。しかし、この決算でヒアリの業績寄与は限定的との見方が定着した。

 一方、フマキラーが8月7日に発表した17年4~6月期の連結決算は、純利益が11億6700万円で、前年同期に比べて8.6%減った。殺虫剤のかき入れ時の夏に向けてテレビCMを増やすなどしたことから、広告宣伝費の増加が重荷になった格好だ。

 フマキラーの場合、殺虫剤に占めるアリ製品の割合は3%程度。「ほかの外来種にも効く総合型の殺虫剤を拡販していく」方針だ。18年3月期の通期業績は当初予想を据え置き、純利益は前期(17年3月期)比6.6%増の14億8000万円と、過去最高を見込んでいる。

 フマキラーの株価も、アース製薬が急落した7日に88円安の1120円で終わった。決算発表翌日(8月8日)の安値は1040円(80円安)、終値は1045円(74円安)だった

ヒアリ特需期待外れの殺虫剤業界に「プシューッ」と異変…アース製薬は業績悪化、フマキラーは最高益のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、アース製薬ヒアリフマキラーの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!