NEW
平林亮子と徳光啓子の「女性公認会計士コンビが教える、今さら聞けない身近な税金の話」

通勤手当が高いと手取り収入減?年々負担増の社会保険料の罠…損しないための知識

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

社会保険料所得税の微妙な関係】

亮子「私もサラリーマンだった頃は、給与明細をあまり詳しく見なかったような気がする」

啓子「経営者になると変わるのですか?」

亮子「給与明細ではなく、社会保険料のことがとても気になるようになる」

啓子「個人の負担する社会保険料が増えるということは、同時に会社が負担する金額も増えるということですもんね。それでは、社会保険料について、もう少し話を加えていきますね」

そもそも社会保険料とは?


 社会保険料は、所得税、住民税(給与から控除せず自分自身で納付する方法もあり)とともに給与から差し引かれ、会社を通じて納付されます。その情報が給与明細に記載されているという点は前回触れたとおりです。

【給与明細の前提】
会社員Aさん(夫)は、配偶者(専業主婦)と17歳の子供(扶養家族)と東京暮らし。
月額給与は40万円(基本給40万円、その他の定額の手当なし。この月は残業なし)。賞与なし。



 社会保険料は社会保障制度を充実させるために支払われています。医療や介護、子育て、老後の年金制度の充実のため、会社員の場合は毎月の給与から保険料を徴収(天引き)し、会社を通じて保険料を支払うことになります。そのため、給与明細の給与からの控除項目として社会保険料が存在しています。

 社会保険は病気やケガ、失業などに備えて、医療費の保障や所得補償等を行う制度です。一番身近な社会保険は「健康保険」でしょうか。熱が出て病院に行ったとき健康保険証を提示すれば、診察・処置などの治療を受けた場合に、治療費の一部を負担するだけで済みます。

 会社員の方が加入する社会保険には、この健康保険をはじめとして、介護保険(40歳以上の方のみ)、厚生年金保険、雇用保険、労災保険の5つがあります。これらを総称して「社会保険」といいます(なお、労働保険とは、労災保険と雇用保険の総称です)。

・健康保険…病気やケガ、それによる休業・出産や死亡といった事態に備える公的な医療保障制度
・厚生年金…会社に勤務している会社員が加入している年金制度
支払っている保険料によって将来受け取る年金の金額が異なる
・介護保険…介護が必要になった時に所定の介護サービスが受けられる保険
・雇用保険…失業時の失業手当給付や職業訓練費用等の雇用に関する保障制度
・労災保険…労働者が業務中や通勤中に負傷したり、病気に見舞われたり、死亡した場合に被災労働者や遺族を保護するための保障制度

通勤手当が高いと手取り収入減?年々負担増の社会保険料の罠…損しないための知識のページです。ビジネスジャーナルは、連載、所得税社会保険料通勤手当の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!