NEW

女の子がムラムラしてはいけないの? イギリス文学における女と性欲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

女の子がムラムラしてはいけないの? イギリス文学における女と性欲の画像1
Photo by freestocks.org from Flickr

 「神々は、男が死ぬ前に楽しめる贈り物を2つ下さった。ヤられたいなと思ってる女とヤるスリルと、自分を殺りたがってる男を殺るスリルだ。」

 上の引用はHBOのテレビドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』第3シーズン第8話で、傭兵集団のメンバー、ダーリオ・ナハーリスが買春について言うセリフです。ダーリオはその気になったイイ女とヤるのが大好きで、他の傭兵のように強姦や買春に興味がありません。ダーリオは荒くれ者で別にフェミニストや紳士というわけではないのですが、陰惨な性暴力が横行する『ゲーム・オブ・スローンズ』の世界ではこれだけでわりと倫理的に見えます。

 しかしながら実のところ、ヤる気まんまんのエロくてイイ女というのは、現代日本ではあまりそそらない表現なのかもしれません。先月、wezzyに中崎亜衣「ジャンプのお色気、少コミのエッチ。裸かどうかではなく、女性キャラの反応に共通する記号」という記事が掲載されました。この記事のテーマは『週刊少年ジャンプ』の巻頭に掲載された「赤面したり涙目になったりしている女性キャラ」のセミヌードの絵の話題です。中崎はこの描写について「日本におけるエロ描写のパターンのほとんどが<嫌がったり、拒んだり、恥ずかしがったり、涙目になっていたりする女性>という“エロコード”を含んでいる」ことを指摘しています。つまり、自信満々で肉体を披露するのではなく、強要やいたずら、アクシデントなどで体が露わになり、嫌がっている女のエロさを愛でる表現が日本にたくさんあるということですね。

女の子がムラムラしてはいけないの? イギリス文学における女と性欲のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!