NEW

「無料の」家族旅行イベントが話題?島でグルメやサイクリングも堪能、行う企業の狙いは?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日産をはじめキヤノンやネスレなど8社の共同プロジェクト『SEA CASTLE』(「ASOBIBA HP」より)

 企業のPRスタイルが今、変化している。商品の魅力を直接消費者に訴求することで購入マインドを刺激するスタイルから、消費者自身がイベントに参加したり、企業が協賛するクリエーターの作品に触れたりすることでその企業の哲学やコンセプトを理解してもらい、自然なかたちで消費者に浸透を図ろうとするスタイルに変化しているからだ。

 日産自動車は8月下旬、他業態の企業やブランドとコラボして、夏休みの家族参加型イベント「SEA CASTLE」(シーキャッスル)を愛媛県今治市で開催する。

 このイベントは、日産をはじめキヤノンやネスレなど8社の共同プロジェクトで、「日本遺産」にも認定された「村上海賊」の本拠地である今治市を舞台に展開する1泊2日の家族旅行企画(応募型、参加無料)だ。本イベントの応募はすでに終了しているが、消費者からは大きな関心が寄せられた。

 この8社で構成する「ASOBO JAPAN」が開催する旅行イベントは、「日本まるごと家族で遊ぼう」をコンセプトに、家族が一体となった「遊び」を通して、そこでしかできない体験を盛り込んだ新感覚の企画となっている。これまで4回にわたって、同種のイベントを実施してきたが、5回目の今回は無人島で海賊体験を行うほか、新鮮な海の幸を味わったり、しまなみ海道のサイクリング、新型車によるドライブなど親子で楽しめる企画を数多く用意した。

 企業側のこうした取り組みに、今治市など地方自治体が賛同し、協力が得られたことも今回の大きな特徴だ。このツアーならではの親子でエンジョイできるオリジナルサバイバルゲームも計画されているという。
 
 日産のマーケティング担当者は、「旅先で過ごす家族の時間を通して、子どもの生きる力や家族の絆を一緒に育むことを、参加各ブランドがサポートすることを目指しています」と話す。こうしたコメントからも、イベントコンテンツの充実や、自治体の協力を取りつけることで、単なるマーケティング施策にとどまらない質の高いイベントを目指す意気込みが伺える。

「無料の」家族旅行イベントが話題?島でグルメやサイクリングも堪能、行う企業の狙いは?のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、キヤノン日産自動車資生堂の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!