NEW

「在日外国人の問題は対岸の火事」平然と差別発言を垂れ流した芥川賞選考委員の文学性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

「在日外国人の問題は対岸の火事」平然と差別発言を垂れ流した芥川賞選考委員の文学性の画像1
武田砂鉄/論男時評(月刊更新)

 第157回芥川賞は、この春に文學界新人賞を受賞した沼田真佑「影裏」に決定した。毎回、芥川賞選考会後には、受賞作をより積極的に推した選考委員が会見を開いて選考経過を述べるのが慣例になっているが、今回会見した高樹のぶ子委員が「大変な対立、ほとんどケンカ状態で。かなり長く選考委員をやっていますが、本当に疲れ切って……」(FNNニュース)と発言していたこともあり、どのような議論が巻き起こったのか、「文藝春秋」誌に掲載される芥川賞選評を待ち構えていた。

 結果、一人の選考委員の、議論以前の選評を読んでうなだれることになった。宮本輝選考委員による、候補作の一つ、温又柔「真ん中の子どもたち」に対する選評である。台湾・台北に生まれ、3歳の頃から日本で過ごし、台湾語混じりの中国語を話す親のもとで育った著者が記した、言語の越境を問う小説。宮本は選評にこのように書いた。

「在日外国人の問題は対岸の火事」平然と差別発言を垂れ流した芥川賞選考委員の文学性のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!