NEW

お金が遠ざかる人がやっている「お金持ちになれない」3つの習慣

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『あの世を味方につけて金運を高める10日間レッスン<特製CD付き>』(美鈴著、扶桑社刊)

 お金が全く貯まらない、全然お金が手元に残らない、給料日前になると生活を切り詰めないといけなくなる……。

 ギリギリで生活を続けるのが精いっぱいで、お金持ちは遠い夢のまた夢のよう。そんな人は少なくないでしょう。

 もしお金持ちになりたいならば、今すぐやめるべき「お金持ちにはなれない習慣」があるようです。

 『あの世を味方につけて金運を高める10日間レッスン<特製CD付き>』(美鈴著、扶桑社刊)からご紹介しましょう。

■自分のための贅沢はお金を遠ざける

 本書では、本当に幸せなお金持ちは「自分のためでなく、人のためにお金を使うこと」を共通点としてあげています。

 自分の生活を贅沢にしたい、もっと人から好かれたい、あれが欲しい…そうした我欲に従い、お金を使う人のもとに、お金はやってきません。逆に騙されることになったり、利用されてしまうこともあるでしょう。お金は「誰かの幸せのために使うもの」、この心がけが大切なのです。

■自分の身の丈に合わないお金を欲しがる

 「お金はあればあるほど良い」と思っていませんか? しかし、人には身の丈というものがあり、たとえ大金を得ても、身の丈に合わなければそのお金を持て余してしまうだけです。

 それなら、今の自分の身の丈にあった収入で相応の暮らしをしたほうが幸せになれるはず。

 生活が苦しくても、それを乗り越えていくことが自分自身の成長につながります。そうして日々を積み重ねていくことが、大きなお金を迎え入れる準備となるのです。

■自分の「宿命」を考えられない

 どんな人にも「宿命」があるもの。それは人生で自分がやるべき「課題」ともいえます。

 この「宿命」に早く気づき、それに立ち向かうべく努力している点も、「幸せなお金持ち」の共通点なのだそうです。確かに、自分の成すべきことが明らかになっていれば、我欲に振り回されて、意味のない散財をする心配はありません。

 ◇

 「お金はあればあるほど良い」、そう考えてしまいがちですがそうではありません。本当のお金持ちになるためには、自分自身を知ることから始まります。

 なぜか散財してしまう…という人はまず自戒をした上で、自分は何をすべきなのかをじっくり考えてみるといいのかもしれませんね。

(新刊JP編集部)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

お金が遠ざかる人がやっている「お金持ちになれない」3つの習慣のページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、スピリチュアル貯金資産運用の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!