NEW

ゲスを超えるクズの極みダブル不倫と騒動中の上原多香子が、もしAV出演を果たしたら?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1708_av550.jpg
「Thinkstock」より

 9日発売の「女性セブン」(小学館)で、ヒップホップグループ・ET-KINGのTENNさんが2014年9月に自死した背景として、俳優・阿部力とのダブル不倫関係があったと報じられて以来、紙・ネットメディアを連日騒がせているSPEED上原多香子

 同誌のサイトで公開されたTENNさんの遺書は、「子供が出来ない体でごめんね」と不妊を謝罪する文面とあわせ、「阿部力となら乗り越えられると思います」「次は裏切ったらあかんよ」などと、上原と既婚俳優・阿部とのダブル不倫をうかがわせる文言がつづられるなど、昨今芸能を騒がせた矢口真里やベッキーの不倫騒動がかわいく見えるほどの衝撃的な内容だった。

 後追い報道も各メディアで活発に行われているが、こういった女性芸能人の不倫・浮気騒動の際に、必ず浮上する話題の一つ「AVメーカーが打診」「AV出演!?」が、今回の上原をめぐる多様な報道のなかでも浮上しているようだ。

 12年のTENNさんとの結婚以後、芸能活動をセーブしていた上原だが、15年10月に舞台主演で芸能活動へ復帰。その後も舞台への出演が仕事のメインで、テレビドラマなどにも出演してはいるものの脇役がほとんど。SPEED時代の華やかな活躍ぶりからするといささか地味で、「TENNさんの遺族に対して自死の原因が自身の不倫であるとして、慰謝料を支払う意向を示している」という報道が事実であれば、経済的にもさほど余裕がないかもしれない。

 そう考えると、上原のAV出演という可能性もなくはないような気もするが、これまで不倫や浮気が報じられ、AVへの出演がネット上などで取りざたされた女性芸能人のうち、本当にAVへ出演した芸能人がいるのかというと、実際にはほぼ皆無ではある。だが、もし本当に上原が出演を決意したとしたら、どれぐらいのギャラが支払われ、どれぐらい売れるのか。あくまで“if”の話題として、成人向け雑誌のライターに聞いてみた。

「基本的にAVのギャラは下落傾向にあるんですよ。『貧困女子』なんていう単語が流行ったぐらいなので、金銭的に苦しい女性は多いようですし、『セクシー女優』として芸能界でそれなりに活躍している子が増えた影響で忌避感も薄れてきたためか、ここ数年全体的に業界を志望する女性は増えています。ところが、なにせDVDやエロ本が売れない時代です。映像配信事業が伸びてきてはいますが、穴埋めには至っていません。志望者が多いのに売上げは落ちているわけですから、そりゃギャラは落ちますよね。

 ですが、上原さんクラスの大物となれば別です。元AKBのやまぐちりこですら、1本あたり数千万円、総額で2~3億円のギャラだったといいますが、上原さんで絡みアリだったらその数倍は軽くいくでしょう。1、2本であれば5~10倍でもおかしくない」

 万が一上原が出演したとすれば、「元芸能人がAV出演」という括りのなかで、過去最大級の大物出演者となることは間違いないが、上原ももう34歳。そこまでの投資に見合うだけの売上げが見込めるものだろうか?

「たしかに報道されている内容が内容だけに、ドン引きしてしまっているかつてのファンも多い。人が1人亡くなっているんですから勃つものも勃たない、という人も多いでしょう。1人のAV志願の女性として見れば、出演当時は20歳ちょっとだったやまぐちりこや、90cmHカップの『スライム乳』とも称されたバストを持つ小向美奈子などには、劣るようにも思います。たしかにそこまで売れないしれません。

 それでもSPEEDのメンバーとして一時は頂点を極めた上原多香子ですよ。やまぐちや小向とは知名度がケタ違いです。もし出演となれば、さまざまな媒体で取り上げられる。上原さんの映像だけでは回収が見込めなくとも、宣伝費込みと考えれば、さらに高額な出演料を提示するメーカーがあってもおかしくないと思います。1本、超話題作があれば最近何かと不景気なこの業界も活気づくでしょうね」(前出の成人向け雑誌のライター)

 現在のところ上原と阿部本人、あるいは2人の各事務所発の公式コメントは発表されていないため、「女性セブン」で報じられた内容が100%正しいと断言することはできないが、はたしてこの騒動はどう収束していくのか。上原、阿部サイドの動向に注目しつつ、一応はAV業界関係者の動向にも注意してみたい。
(文=編集部)

ゲスを超えるクズの極みダブル不倫と騒動中の上原多香子が、もしAV出演を果たしたら?のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、やまぐちりこ上原多香子小向美奈子の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!