NEW

バファリンの「やさしさ」の正体とは?コーヒーと飲むと危険な副作用の恐れ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バファリンの「やさしさ」の正体とは? コーヒーとの飲み合わせで副作用が起きる?の画像1
「バファリン」は、コピー文にこそ「特徴やアイデンティティ(存在理由)」が集約されている(画像はライオンのHPより)

「〇〇〇〇〇の半分はやさしさでできています」

 これは有名なテレビCMのキャッチコピーだが、この「〇〇〇〇〇」の部分に入る商品名は何か--。

 正解は「バファリン(Bufferin)」(ライオン)だ。今回は「不正解」あるいは「無回答」、しかも、その上で同剤を服用している方々にこそ熟読してほしい、クスリ雑学だ。近年のコンピュータ社会おいては、「バッファ」といえば「データを一時的に記憶する場所」のことをいうが、バファリンをめぐる今回の内容も、ぜひ「永久保存」で憶えておいてほしい。

 まずは冒頭の謳い文句だが、実はこのコピー文にこそ、「バファリンの特徴やアイデンティティ(存在理由)」が集約されていると言い切れる。

 商品名は、「緩和するもの」を意味する「Buffer」と、「アセチルサリチル酸」の一般名を持つ「Aspirin」を組み合わせて付けられた。要は「胃にやさしいアセチルサリチル酸」という特徴こそがバファリンの個性にして最大の売り部分だ。

頭痛薬の起源は古代ギリシャ?

 たとえば、同商品群の代表格にして最古参「バファリンA」錠の成分は下記の2種類だが、それぞれの特性を知れば、同薬の素性がわかりやすい。

①アセチルサリチル酸(アスピリン):起源は古代ギリシャ時代まで遡れるという解熱鎮静成分。頭痛、歯痛を筆頭に「痛み全般」に作用し、熱を下げるのに効く。

②合成ヒドロタルサイト(ダイバッファーHT):胃の粘膜を保護し、アスピリンを素早く溶かす作用で吸収を助け、その副作用(胃腸障害)を緩和する。

 つまり、アスピリン単体の「解熱剤」と較べ、①を緩衝制酸剤で包み込んで胃に負担がかからないようにした点こそが、最大の売りというわけだ。

 しかし「半分はやさしさでできています」とは謳っているものの、実際の質量比はアスピリンが、およそ4分の3を占めている。

 バファリンは1948年の米国生まれというから、日本でいうところの「団塊の世代」と同世代だ。当時10歳の歌姫・美空ひばりと同年デビュー、同年3月には『NHKのど自慢』が始まっている。沢田研二(歌手)・鈴木宗男(政治家)・糸井重里(コピーライター)等々、バファリンと同い年の著名人は各界に数多存在する。

 バファリンが日本に上陸したのは、アニメ『鉄腕アトム』のテレビ放送が始まり、J・F・ケネディ大統領が暗殺された1963年だ。

 すでに50年を越える在日歴があり、旅客機内や公共施設での常備例も多いロングセラー商品だ。そんな日本ほどの有力製品ではなくなったものの、本国・アメリカでもOTC医薬品(処方箋なしで薬局にて買える一般用医薬品)として広く服用されている。

バファリンの「やさしさ」の正体とは?コーヒーと飲むと危険な副作用の恐れのページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、イブプロフェンカフェインバファリンの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!