NEW
梅原淳「たかが鉄道、されど鉄道」

池袋駅~品川駅まで7時間?「貨物線」巡る鉄道ツアーが人気殺到でキャンセル6百人待ち

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
池袋駅で出発を待つツアー列車

 鉄道業界における2017年度上半期最大の話題は、東日本旅客鉄道(JR東日本)の「TRAIN SUITE 四季島」、西日本旅客鉄道(JR西日本)の「TWILIGHT EXPRESS 瑞風 MIZUKAZE」という豪華寝台列車のデビューだろう。

 5月1日デビューの「四季島」は、3泊4日のツアーで料金が1人当たり74~95万円、6月17日にデビューの「瑞風」は、1泊2日のツアーで料金は1人当たり27~75万円と、どちらも高額ではありながら人気は極めて高い。両豪華列車に乗るためには、最低でも抽選倍率10倍といわれる狭き門を突破しなければならず、すでに発表された来年度初頭のツアーもすでに完売という盛況ぶりを見せている。

 少子高齢化の進展により鉄道、特に地方の鉄道の将来像は芳しいとはいえない。そのようななか、クルーズ客船のように移動の時間を楽しむ豪華寝台列車の人気は、鉄道業界にとって明るい話題だ。

 また、豪華寝台列車とまではいかなくても、工夫を凝らした専用の車両で、沿線の観光地をめぐる観光列車の人気も根強い。こちらは、いまや全国におよそ100種類を数えるまでになり、地方の鉄道では経営を支える存在になったほどだ。

 豪華寝台列車、観光列車が人々の話題に上るなか、7月にまたひとつ鉄道業界に新たな人気商品が誕生した。その商品とは、首都圏の鉄道を巡る日帰りツアーである。開催された7月15日・22日、募集人員150人に対してどちらもキャンセル待ちが600人となるほどの活況を呈し、大いに注目された。

 このツアーの異色ぶりは、説明すればするほどいっそう際立つ。朝8時59分にJR東日本山手線の池袋駅を出て、東海道線の品川駅に16時14分に至る道中は7時間15分もの長旅だ。この間、駅の外に出ることはなく、それどころか車両の外に出られる時間もごくわずかだ。

 車両に先ほど紹介した「四季島」や「瑞風」のような豪華列車が用意されたのではないかと勘ぐりたくなるが、やって来たのはJR東日本が所有するお座敷列車の「宴」だ。「宴」の車内は畳敷きと魅力的だが、車両の名前で集客できるほどの存在とはいえない。

池袋駅~品川駅まで7時間?「貨物線」巡る鉄道ツアーが人気殺到でキャンセル6百人待ちのページです。ビジネスジャーナルは、連載、乗り鉄撮り鉄貨物線の旅鉄道ツアーの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!