NEW

ローラ、バーニング系事務所へ移籍内定か…「奴隷契約」現事務所へ反撃開始の裏事情

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ローラ

 ついにローラが反撃を開始した――。

 22日、人気モデルでタレントのローラが所属事務所「LIBERA(リベラ)」に対し、実質20年間の専属契約で不当に拘束されているとして、契約終了を求める申し入れ書を送付したことがわかったと、メディアが一斉に報じた。沈黙を貫いてきたローラがこのタイミングで“反撃”に出たことについて、芸能界関係者はこう話す。

「ローラさんは、水面下で動いていたバーニング系列の事務所への移籍が、ついに内諾されたと聞きました。“守ってもらえる”状況が整ったため、いよいよ法的な手段に踏み切ったということのようです」

 ローラとリベラのトラブルが発覚したのは、およそ2カ月前。ローラが自身のツイッターに「黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない。10年の信頼をかえして」などと投稿したことにさかのぼる。その後、ローラが10年にも及ぶ長期の契約を交わしており、仮に契約が終了したとしても、そこから2年間は芸能活動ができないという内容の契約書にサインしていることなどが報じられた。さらには、ローラが契約の内容を確認しようとしたところ、事務所社長から「辞めるつもりなら、暴露本を出してやる」「日本だけでなくアメリカでも活動できなくする」などと恫喝されたとの報道もあった。

「そもそも、このタイミングでローラさんの不満が爆発したのには理由があります。デビュー以来苦楽を共にし、信頼していたスタッフさんたちが事務所ともめて辞めてしまったんですよ。もともと、ギャラが少なすぎること、本人はバラエティ番組などに出演したがっているものの、事務所がお金を優先してCMなどが中心の活動となり仕事をセーブさせられていたこと、さらには昨年のハリウッド進出が失敗に終わってしまったことによって、事務所に対する不信感が積もりに積もっていたのです。そこにきて、スポーツニッポンなどの報道にもあった通り、彼女を支えていたマネージャーをはじめ、信頼していた人たちが次々といなくなってしまったことで、ついに堪忍袋の緒が切れたというわけです」(同)

怖いものなし


 ローラは昨年、ハリウッド映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』に出演し、かねてから希望していた海外進出がいよいよ本格化するのではないかと見られていた。ところが、その前年の2015年、ローラが自身のツイッターにて「実は映画バイオハザードに出演する事がきまったの!」と、公式情報解禁前にフライング投稿してしまったことで、アメリカの制作サイドが激怒し、今後ハリウッドの仕事をするのは厳しいとの見方があると、「週刊女性」(主婦と生活社)も報じている。その背景にも、事務所のマネジメントに不備があったのではないかというのだ。

ローラ、バーニング系事務所へ移籍内定か…「奴隷契約」現事務所へ反撃開始の裏事情のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、CMバーニングローラの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!