NEW

『未払い料金を回収するために子供を預かった』という苦しい言い訳/殺人シッター公判 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

『未払い料金を回収するために子供を預かった』という苦しい言い訳/殺人シッター公判 の画像1
星野源「Family Song」ビクターエンタテインメント
 2014年3月に埼玉県富士見市で発生したベビーシッターによる2歳男児殺害事件。逮捕された物袋(もって)勇治は同月14日、山田龍琥(りく)君(2)とその弟を預かり、龍琥君を殺害したとして殺人罪に問われている。しかし物袋が問われている罪はこれだけではなく、多くの乳幼児に対する児童ポルノ禁止法違反や強制わいせつ等でも起訴されていた。昨年6月に横浜地裁で開かれていた物袋に対する裁判員裁判の様子を、連続しリポートしていく。

 第5回公判では龍琥君とその弟B君に対する事件(殺人、保護責任者遺棄致傷)についての審理が行われた。龍琥君とB君は2014年3月14日、埼玉県富士見市にあった物袋宅に預けられ、そのときに龍琥君は死亡し、B君は適切な保育を受けることができず重度の低血糖に陥った。これについて物袋は、龍琥君を殺害してはいないと否認し、B君についても保護はしていたと主張している。傍聴できなかった第4回公判では、龍琥君とB君の事件について弁護側からの被告人質問が行われ、そして検察官からの質問の途中で続行となったようだ。検察官が立ち上がり質問を始めた。まずは、ふたりの母親に対して、別人を装い、保育を引き受け、またX氏という「つなぎのシッター」を手配した『わいせつ誘拐』についての質問だ。

『未払い料金を回収するために子供を預かった』という苦しい言い訳/殺人シッター公判 のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!