NEW

話題の「最年少でヒルズ族」TOMOROの謎の半生…起業から2年で年商5億円超え

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOMORO氏

 六本木で「KING」と呼ばれる男がいる。六本木界隈で知らない人はいないといっても過言ではないKING・TOMORO氏の正体は、実業家でありアーティストである。23歳で六本木ヒルズに事務所を構え、“最年少ヒルズ族”といわれ、制作会社や広告代理店、飲食店の経営・運営などを手掛けてきた。現在は六本木、新橋を中心に飲食店を営むほか、さらに新規店が2店もオープン間近だという。

 またTOMORO氏は、プロデューサーとしても敏腕をふるい、May J.など有名なシンガーとの楽曲リリースのほか、明日花キララをプロデュースし、デビュー曲でUULAランキング初登場1位獲得という快挙を成し遂げた。TOMORO氏のソーシャルネットワーキングサービス(SNS)アカウントを見ると、勝ち組の華やかな日常が覗けるが、本人に曰く「道半ば」だという。TOMORO氏のビジネスの全容とこれからについて話を聞いた。

夢は世界征服

 TOMORO氏は1986年、北海道・小樽市に生まれ、その後、札幌で育った。小学校の卒業文集には、夢は「世界征服」と書いた。誰に教えられたわけでもなく、子供の頃から「男に生まれたからにはてっぺん取らなきゃ!」と思っていたという。小学校のときには、「太平洋制覇」と書いた書き初めで受賞してしまうなど、子供の頃から目立つ存在だった。

 札幌では、家族4人で古い2DKのアパート暮らしをしていた。当時、高層マンションが建ち始めた頃で、高層マンションに住む友達を「うらやましい」と思ったそうだ。そして「絶対、金持ちになってやる」と誓ったという。

 中学時代、学校ではバスケットボール部に入りながらも野球部の仲間とつるみ、毎日野球の練習に明け暮れた。毎週のように試合を組んで、中学時代に放ったホームランは合計72本。TOMORO氏も周りもプロ野球への道を考えた。

 そして野球の名門校である神奈川・横浜高校に入学したが、そこで初めての試練を味わった。TOMORO氏が入学した当時、横浜高校野球部には、現在もプロ野球で活躍する石川雄洋選手、成瀬善久選手、涌井秀章選手などがいた。全国レベルのチームメートに負けまいと、毎日早朝から夜中までがむしゃらに練習に励んだ。1年間、限界までがんばったが、超一流の選手たちとの実力の差は縮まらず、プロへの道は無理だと完全にあきらめた。

 もちろん、大学野球、社会人野球と進む道もあったが、TOMORO氏が目指したのは「世界制覇」であり、会社員になるつもりはまったくなく、その時点で野球はきっぱりとやめた。TOMORO氏は、野球をやめた次の日から街へ出た。

 昭和の文化が残る当時は、横浜のビブレ周辺に若者がたむろし、良くも悪くも活気があった。TOMORO氏が横浜の繁華街に現れ、あっという間に街でたむろする若者たちを魅了しまとめ上げたことは横浜の伝説となっている。TOMORO氏は、当時をこう振り返る。

「当時16歳でしたが、街に出て2カ月くらいで120人の部下ができたんです。120人のネットワークは“熱い”と思い、その人脈を利用し、僕自信がデザインしたTシャツを販売したり、服の転売などを始めました。思った以上にうまくいき、さらにイベント企画やチケット販売などでお金を稼ぐことをどんどん覚えて、かなりの利益が出ました」

 順調な時は1日で数百万円を手にすることもあったというから驚きだ。大金を手にしたTOMORO氏は、友人や先輩と共に高級車やVIPカーに乗ってナンパに出かけるなど、遊びも高校生らしくなかった。しかし、そんな日々を送りながらも、高校は無遅刻無欠席で卒業し、理工系の中で人気の高い芝浦工業大学へ進学した。

話題の「最年少でヒルズ族」TOMOROの謎の半生…起業から2年で年商5億円超えのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、TOMOROヒルズ族六本木の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!