NEW

『ガラスの仮面』美内すずえにファンから呆れの声!長寿漫画を取り巻く現状

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1708_40_550.jpg
「ガラスの仮面展」公式サイトより

 累計発行部数5,000万部の“少女漫画の金字塔”ともいわれる、美内すずえの国民的少女漫画『ガラスの仮面』(白泉社)。その連載40周年を記念した「ガラスの仮面展」が8月23日より東京・銀座で開催中(9月4日まで)だが、そのオープニングセレモニーに美内氏が出席し、作品の秘話などをトークしていたという。

「美内氏は作品の主人公・北島マヤのモデルが、幼少の頃に観たという映画『王将』で描かれた棋士・坂田三吉と明かしていました。普段はダメダメだけどひとつのことに突出した才能を見せる姿に感銘を受けたのだとか。さらに、美内氏は『ガラスの仮面』の最終回についても言及し、『ラストは20年以上前から、最終ページの構図まで決まっています。なぜそこまで行き着かないの? というのが問題で』と苦笑いしながら語っていました。展示会・会場内のVTRでも『決してラストを諦めたわけではありません。私も元気で頑張って描きます。良い結末になると思います』とコメントするなど、まだ描き続ける意欲はあるみたいです」(ワイドショー関係者)

 1976年から連載は開始され、40年以上にも渡って壮大なストーリーを展開してきた『ガラスの仮面』。最終回まで描ききるという美内氏のコメントに、ファンも大喜び!……と思いきや、ネット上では怒りの声が散見されるようだ。

「長期休載も多く、40年以上も連載してきて発行された単行本はわずか49冊。ネット上では『ラストまで読めずにすでに亡くなったファンがいることを考えていないのかな』といった声や、『高校生だった母は50歳を超え、小学生だった私も20歳を超えました』『ついてきてほしいなら描いてくれ』といった、呆れと切望が入り混じった声が多く出ているようです」(サブカル誌ライター)

 物語がなかなか進まないうえに、体調を慮ってのこととはいえ、最後に単行本が発行されたのは2012年10月と、もう5年も前のこととなる。美内も今年で66歳となっただけに、「イベントを開催したり、それにコメントする暇があるのなら、執筆に集中してなんとか物語を完結させてほしい」というところがファンの本音といえそう。

『ガラスの仮面』美内すずえにファンから呆れの声!長寿漫画を取り巻く現状のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、ガラスの仮面美内すずえの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!