NEW

妊娠後期の相武紗季「駆け込み気味に旅行に」。ママタレのマタ旅報告UPに感心できない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

妊娠後期の相武紗季「駆け込み気味に旅行に」。ママタレのマタ旅報告UPに感心できない理由の画像1
相武紗季Instagramより

 産婦人科医の宋美玄氏が8月29日に自身のツイッターで女優・相武紗季(32)の記事を引用リツイートし「やめて!こういうインタビュー」とつぶやいたことが話題になっている。

 問題の記事はM-ON! Entertainmentが発行しているママファッション&ライフスタイル誌『mamagirl』2017年10月号に掲載されているインタビュー。相武は昨年5月、5歳年上の会社経営者である男性と結婚し、今年5月に妊娠を発表。秋に出産の予定である。記事では「白湯と冷え取り靴下でゆるっと」やっていたという妊活から、初のマタニティライフまでを語っているのだが、出産前にやっておきたいこととして「やっぱり旅行!」とあげ「今は国内も、海外も、駆け込み気味に旅行に出て、思い出を作りたいなと思っています」と答えていた。

 妊娠期の旅行、いわゆる『マタ旅』にはリスクがつきまとう。安定期だと思っていても想定外の事態が起こりうるからだ。移動中の飛行機などで異変が起こった際は、その間に医師が対処できないため赤ちゃんが危険にさらされる。また旅行先で早産になってしまった場合は、その地で妊婦検診や出産のための準備を進めているわけではないため、診療記録もない。高齢出産や持病を抱えての出産など、リスクのあることがあらかじめわかっている場合はなおさら危険が高まる。費用的な問題もある。

妊娠後期の相武紗季「駆け込み気味に旅行に」。ママタレのマタ旅報告UPに感心できない理由のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!