NEW

偽ワインビネガーが蔓延…「白ワイン」を用いないのに「白ワインビネガー」を標榜

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白ワインが使われていない白ワインビネガー

 ワインビネガーは、ぶどう果汁にワイン酵母を加えてアルコール発酵させた後、酢酸菌を添加し、発酵させてつくった果実酢です。白ワインはブドウの皮は使わないので、白くなります。その白ワインからつくった酢が、白ワインビネガーです。

 ところが、ミツカンの「白ワインビネガー」の原材料表示には、「白ワイン」の記載が見当たりません。それなのに、なぜ「白ワイン」の名が付いているのでしょうか。

 ミツカンに問い合わせると、「ぶどう果汁はワインではありませんが、ぶどうの皮を使わない果汁です。これを発酵させますと白ワインになりますので、白ワインと名が付いています。ぶどう果汁の産地は日本とアルゼンチンです」(お客様相談室)との回答でした。

 つまり、「国産」と「アルゼンチン産」を混合させたぶどう果汁を発酵させてつくっているわけですが、何か狐に騙されたような気分です。いずれにせよ、商品名から「白ワイン」の名称は外すべきでしょう。

 同商品には、保存効果を高める物質も添加されています。原材料表示にある「アルコール」がその物質です。アルコールは、「エタノール」あるいは「酒精」とも表示される一般飲食物添加物です。アルコール代謝異常の方は、よく表示を確認する必要があります。

 以上のことから、ワインビネガーを選ぶなら、原材料表示は「白ワイン」または「ぶどう果汁、ぶどう」とだけ記載してあるものが安心できます。
(文=郡司和夫/食品ジャーナリスト)

郡司和夫(ぐんじ・かずお)
フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法政大学卒。食品汚染、環境問題の一線に立ち、雑誌の特集記事を中心に執筆活動を行っている。主な著書に『「赤ちゃん」が危ない』(情報センター出版局)、『食品のカラクリ』(宝島社)、『これを食べてはいけない』(三笠書房)、『生活用品の危険度調べました』(三才ブックス)、『シックハウス症候群』(東洋経済新報社)、『体をこわす添加物から身を守る本』(三笠書房・知的生き方文庫)など多数。

シリーズ「子どもには絶対に使ってはいけない生活用品」バックナンバー

※ 初出/健康・医療情報でQOLを高める「ヘルスプレス」

偽ワインビネガーが蔓延…「白ワイン」を用いないのに「白ワインビネガー」を標榜のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、ワイン白ワインビネガー酸化防止剤の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!