NEW

東宝、『君の名は。』ヒットの反動減なく今期も最高益…ヒット作続出、利益独占システム確立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「東宝 HP」より

 劇場公開から1年の節目を迎えたアニメ映画『君の名は。』(東宝)の快進撃が止まらない。

『君の名は。』は、2016年8月26日に公開した新海誠監督の長編アニメーション映画。観客動員数は1900万人を突破し、現在もロングラン上映中だ。興行通信社のまとめによると、8月6日現在の興行収入は250億円。邦画では宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』(東宝)の308億円に次ぐ歴代2位。公開から9週連続の週末興行ランキング1位は歴代トップタイ。日本を含む7カ国・地域でもランキングでトップに立った。

 17年7月26日、『君の名は。』のDVDやブルーレイ・ディスクが発売された。初回の出荷枚数は120万枚。初週の売上枚数は63万枚と出足は好調。目標は150万枚としている。

『君の名は。』は、都会に暮らす男子高校生と田舎の女子高校生の意識が入れ替わる物語で、交流サイト(SNS)の口コミで人気が拡大した。これほどの大ヒットになるとは、誰も予想していなかっただろう。新海監督の前作『言の葉の庭』(東宝)の興行収入は1億円にとどまっていた。新海監督自身が「奇跡が起きた」と話しているほどだ。

 昨年、東宝の島谷能成社長が力を入れていたのは、16年7月29日に公開した『シン・ゴジラ』だった。

「米ウォルト・ディズニーにはミッキーマウスがいるが、東宝にはゴジラがいる」

 島谷社長が口にする自慢のフレーズだ。東宝が製作したゴジラ作品は12年ぶり。総監督・脚本に『新世紀エヴァンゲリオン』(東映)を手掛けた庵野秀明氏を起用し、日本版としては初めてフルCG(コンピュータグラフィックス)でゴジラを描いた。

『シン・ゴジラ』は、政府や自衛隊の対応を織り交ぜたストーリーが評判を呼び、興行収入は82億円を上げた(興行通信社調べ)。ところが『君の名は。』は、それをはるかに超えるメガ・ヒット作品となった。

東宝、『君の名は。』ヒットの反動減なく今期も最高益…ヒット作続出、利益独占システム確立のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、シン・ゴジラ君の名は。新世紀エヴァンゲリオン東宝の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!