NEW

『コード・ブルー』、命を軽く扱いファンの心を逆撫でするシーンだらけ…笑って済まされない

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1708_heli550.jpg
「いらすとや」より

 山下智久新垣結衣が主演を務める連続テレビドラマ『コード・ブルー』(フジテレビ系)の第8話が9月4日に放送され、平均視聴率15.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。初回から下がり続けていた視聴率が、第8話になって先週より2.0ポイントの大幅アップを果たして15%台に。視聴率1ケタ台のドラマが当たり前になってきたなかで、この数字は素直にすごいと思うし、『コード・ブルー』のファンがいかに多いかの証明でもある。でも、だからこそ、高い視聴率に喜ぶことと同じぐらい、厳しい感想にも真摯に耳を傾けてほしいと願わずにはいられない。 

 線路に転落したフェローの灰谷俊平(成田凌)は大事に至らず、すぐに現場復帰を果たすが、白石恵(新垣)は「誤って落ちた」という灰谷の言葉が腑に落ちず、心配を募らせていた。復帰後の灰谷は病的に患者の容体や薬剤の処方を厳しくチェックし、母親が「いつもの仮病」と言う腹痛の少年を入院させるほど慎重になっていた。灰谷を黙って見守る藍沢耕作(山下)も、天野奏(田鍋梨々花)がこぼす絶望の言葉が心に刺さったままの、苦しい日々を過ごしていた。

 そんななか、成田空港で意識を失った男性がいるとドクターヘリ要請が入る。緋山美帆子(戸田恵梨香)とフェローの名取颯馬(有岡大貴)、フライトナースの雪村双葉(馬場ふみか)が現場に向かい男性の処置をするが、名取が男性に刺した注射針が誤って緋山に刺さるトラブルが起こる。救命に運ばれた男性は大量の吐血の後に死亡してしまう。エボラ出血熱が疑われ、緋山も感染の有無が判明するまで病室に隔離されることに。

 一連の出来事で苛立っていた緋山は、フェローの指導方針をめぐって白石と衝突し、険悪なムードになる。名取は強がってはいるものの、犯してしまったミスの大きさに押しつぶされそうになり、緋山が思いを寄せる患者・緒方博嗣(丸山智己)に全てをこぼしてしまう。緒方は感染のリスクを気にもかけず緋山の病室に押しかけ、緋山の不安や苛立ちを和らげるのだった。

 緋山の言動により、自分はリーダーに向いていないのではないかと思い悩む白石も、橘啓輔(椎名桔平)から「お前をリーダーに推したのは緋山だ」と打ち明けられ、さらに緋山のいない部屋で一夜を過ごしたことで、白石の悩みも氷解。翌朝、緋山の病室に真っ先に向かった白石は「あなたがいなくて寂しかった。同居することで救われていたのは自分のほうだ」と思いをぶつける。2人の関係が修復されたところで、救命にデパートで意識を失った男性に対するドクターヘリ要請が入る。大動脈瘤の男性の受け入れで慌ただしくなるなか、灰谷が入院させた少年も腹内出血で急変する。

 藍沢と白石は男性の処置から手を離すことができず、灰谷、名取、横峯あかり(新木優子)のフェロー3人で少年の対処をすることになる。パニック状態の灰谷を、横峯と名取が叱咤激励してなんとか少年の命を救い、藍沢からも「よくやった」と言葉をかけられる。大喜びする3人の絆は強まり、灰谷も少しずつ自分の弱さを克服していった。

『コード・ブルー』、命を軽く扱いファンの心を逆撫でするシーンだらけ…笑って済まされないのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、コード・ブルーフジテレビ山下智久新垣結衣の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!