NEW

不登校という選択と偏見の視線。「学校だけが世界じゃない」ことを大人たちが示して

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

不登校という選択と偏見の視線。「学校だけが世界じゃない」ことを大人たちが示しての画像1
Photo by Dave Haygarth from Flickr

 9月1日は、18歳以下の子供の自殺が最も多い日(内閣府「自殺対策白書」)。日本の多くの小・中・高校では、8月31日で夏休みが終了して9月1日から2学期が始まり、学校に行くことを苦痛に感じ絶望視した子供が自ら命を絶ってしまうのだという。“9月1日問題”とも呼ばれる。

 悲しいことに今年も、8月30日から9月4日までの数日間で、学生の自殺・自殺未遂が相次いで報じられた。東京都内だけでも、9月1日午前、中学2年生の女子生徒が通っている中学校の4階教室から飛び降り自殺を図り、重傷。4日早朝、14階の自宅マンションから飛び降りた中学3年生の女子生徒が死亡。同じく4日朝、公園トイレで都立高校3年の男子生徒が首をつって死亡しているのを発見されている。

不登校という選択と偏見の視線。「学校だけが世界じゃない」ことを大人たちが示してのページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!