NEW

性の仕事人である「おんなのこ」が巧みに遊ぶ、性風俗というゲーム/熊田陽子『性風俗世界を生きる「おんなのこ」のエスノグラフィ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

性の仕事人である「おんなのこ」が巧みに遊ぶ、性風俗というゲーム/熊田陽子『性風俗世界を生きる「おんなのこ」のエスノグラフィ』の画像1
『性風俗世界を生きる「おんなのこ」のエスノグラフィ――SM・関係性・「自己」がつむぐもの』(明石書店)

 私たちは、「性風俗」と聞けばその良し悪しを語りたがってしまう社会を生きている。頭ごなしに否定する人がいる一方で、数ある仕事の一つにすぎないと擁護されもする。「必要悪」なんていう多少ひねった評価もあるだろう。

 学術的な議論においても似たようなことが起こる。「性差別」「性的自己決定権」「女性の貧困」「疾病・障害と生きる女性の困難」などの要素を次から次へと入力して、結局「性風俗」を是とするか非とするか、その結論をみんなで確かめあっている。

 もちろんそれはとても大事なことだ。しかし同時に、現に性風俗の現場で働いている人が何をしているのかを知ることも重要なはずだ。この、善悪の判断をまずは棚上げにして、性風俗世界で働くセックスワーカー、現場の言葉では「おんなのこ」が何をしているかに、7年にわたるフィールドワークで迫ったのが、熊田陽子さんの『性風俗世界を生きる「おんなのこ」のエスノグラフィ:SM・関係性・「自己」がつむぐもの』(明石書店)である。

性の仕事人である「おんなのこ」が巧みに遊ぶ、性風俗というゲーム/熊田陽子『性風俗世界を生きる「おんなのこ」のエスノグラフィ』のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!