NEW

『黒革の手帖』、武井咲の「シャレにならない」妊娠&流産シーンが物議を醸す…ネット騒然

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1707_kuro550.jpg
『黒革の手帖』公式サイトより

 武井咲が主演を務める連続テレビドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)が7日に第7話の放送を迎え、平均視聴率11.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。同ドラマは第3話以降10%台が続き、第6話では10.1%まで落ち込んでいたものの、武井が今月1日にEXILE・TAKAHIROとの結婚&妊娠を発表し、注目を集めたことで、今回の1.7ポイント回復につながったとみられるが、それにしてはさほど数字を伸ばせなかった印象だ。

 武井演じる主人公の原口元子は、勤め先の銀行から横領した金で高級クラブ「カルネ」を開店して“銀座で一番若いママ”となり、次は“銀座で一番のママ”の座を狙っていた。しかし、裏では多くの人間から恨みを買っており、銀座の最高峰クラブ「ルダン」を購入しようとするも、政財界のドン・長谷川庄治(伊東四朗)に阻まれ、「カルネ」まで失いそうな窮地に追い込まれることに。

 第7話では、元子がなんとか「カルネ」を奪われずに済むよう奔走するが、なんと妊娠も発覚。相手は元子と密かに関係を持った議員・安島富夫(江口洋介)とみられ、原作でも“元子の妊娠”は描かれているので不自然なエピソードではないのだが、武井の妊娠発表直後とあってネット上でもザワついていた。

 しかも、元子は長谷川に直談判に向かう途中で階段から落ちてしまい、流産。これには、「妊娠している女優に流産シーンなんて、酷すぎる」「ドラマとはいえ縁起でもない!」といった批判も寄せられたが、一部では武井の結婚や妊娠は所属事務所にとっても急な話だったと報じられているだけに、脚本変更も難しかったのかもしれない。

 一方で、私が気になったのはクラブ「燭台」のママ・岩村叡子(真矢ミキ)の言葉だ。「燭台」は元子が初めてホステスとして働いたクラブで、「カルネ」をオープンさせた元子に対し、叡子はこれまで何度も“銀座のルール”を守るよう忠告してきた。元子はそれを無視してやってきたにもかかわらず、ピンチを迎えたことで「燭台」を訪ねたのだが、叡子は「ルールを破った女に居場所はない」と言い放ち、それは私もその通りだと思った。

 しかし、続けて「もともと、あなたは銀座に合わない女だった」と元子に嫌味を言うシーンで、「潔く諦めて、田舎に帰って、結婚して、子どもでも生んで、地味で退屈な幸せでも探したら?」と口にした叡子には、瞬時に嫌悪感を感じた。「田舎で結婚して子どもを生む女は、地味で退屈なのだろうか?」と。“銀座で成功した女”が“普通の主婦”を見下していることがよくわかるセリフになっていて、もちろんすべてのクラブママがそんな嫌な考え方を持っているとは思わないが、“普通の主婦”が見る時間帯のドラマでこんなセリフを聞きたくはなかった。

 そう思うと同時に、電撃結婚&妊娠を発表し、一部報道では事務所のしがらみによって「強行突破婚」せざるを得なかったといわれている武井も、時には“地味で退屈な幸せ”が羨ましくなることもあったかもしれない……と、切なくなってしまった。
(文=美神サチコ/コラムニスト)

『黒革の手帖』、武井咲の「シャレにならない」妊娠&流産シーンが物議を醸す…ネット騒然のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、テレビ朝日武井咲江口洋介視聴率黒革の手帖の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!