NEW

福岡ホークス元社長、「再生請負人」から強制わいせつで有罪へ…選手とファン激怒させボイコット事件も

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
引退セレモニーの際の小久保裕紀氏

 高塚猛氏(プロ野球球団・元福岡ダイエーホークス<現福岡ソフトバンクホークス>社長、元ダイヤモンド社社長)は8月27日、慢性腎不全で死去した。享年70。持病の糖尿病が悪化し、2013年1月に脳梗塞となり、寝たきりの状態だったという。岩手県盛岡市の自宅で闘病生活を送っていた。

 高塚氏は事業再生請負人の半生を送った。

 1947年、東京・浅草生まれ。都立一橋高校を卒業し1965年、リクルートに入社。上司を上司とも思わぬ押しの強さが当時のオーナー、江副浩正氏に認められた。その後、リクルートでは数々の記録を残している。

 22歳で福岡営業所の所長に抜擢され、1年後には売上高を前年比15倍に伸ばし黒字を達成した。24歳の時に大阪支店の営業課長として、値引きゼロ、売上目標達成率1位、売上金回収100%を達成。25歳で週刊就職情報誌を創刊、1年で黒字化。続いて月刊住宅情報事業の責任者として赤字だった同事業を1年後、号あたり1億円の広告収入をあげる有力媒体に育て、黒字にした。

 江副氏の命を受けて、29歳の時にリクルートが経営再建を引き受けた盛岡グランドホテルの総支配人として赴任。わずか1年で黒字にしてみせ、売上高3.5億円を7年後の85年には21.9億円の優良企業に変身させた。

 続いて安比高原リゾートホテルも立て直した。91年、盛岡グランドホテルなど6社を統括する岩手観光ホテル(現岩手ホテル&リゾート)の代表取締役に就任した。高塚氏はリゾートホテルを再生させた辣腕の実業家と呼ばれるようになった。

 リクルートを傘下に収めていたダイエー創業者の故中内功氏が、その手腕を見込み99年4月、高塚氏に福岡プロジェクトを任せることにした。福岡の事業は中内氏の次男、中内正氏が担当していたが赤字続きだった。福岡ダイエーホークス、福岡ドーム、ホークスタウン(シーホークホテル&リゾート、ホークスタウンモール)を福岡事業の3点セットという。

 ドームやホテルの運営会社福岡ドームの副社長に就いた高塚氏は、卓越した経営手腕を発揮し、わずか2年で軌道に乗せ、2000年に球団社長に就任。01年には福岡ドームの観客数を、当時のパシフィック・リーグ新記録となる308万人にした。これは巨人に次ぐ記録だった。

 高塚氏は「平成の再生請負人」と話題になった。

福岡ホークス元社長、「再生請負人」から強制わいせつで有罪へ…選手とファン激怒させボイコット事件ものページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、巨人福岡ソフトバンクホークス高塚猛の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!