NEW

清宮幸太郎、プロでは「使えない」可能性…指摘されない「重大な欠点」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「俺は打撃よりも守れたからこそ、2軍に落とされずに済んだ。そう考えると、清宮はすごく難しい選手だね」(同)

 プロの世界では「外野も守れるし、代走としても使える」などの“プラスアルファ”が必要となるが、今の清宮にはそれがない。プロのスカウトらから、この点を指摘する声がないのは「スカウトの仕事は目玉選手の獲得であり、下手なことを言って選手や関係者ににらまれても困るから、表向きの評価しかしない。俺がスカウトでも余計なことは言わない」(同)からである。

「どのチームも、経営陣はほしがるだろうけど現場は困るよ。『守りがダメで使えない』となりかねないからね。ましてや、今の野球は打って守って走れる選手が脚光を浴びる時代。清宮は打撃こそAランクだけど、守備・走塁はCランクだね。

 仮にプロ入りを表明しても、清宮を指名する球団は思いのほか少ないと思う。もちろん、打撃はプロで通用する。バットのハンドリングやボールをバットに乗せる技術は一流だよ。だけど、少なくともまだ清原(和博)や松井(秀喜)と同じレベルにはない。この2人も、早実ぐらい練習試合が多ければ高校時代は清宮以上にホームランを打っていたと思うよ」(同)

 では、仮にプロ入りを表明した場合は、どの球団がベストなのだろうか。

「いい左バッターがいるチームだね。『いい左バッターがいる=左バッターの育て方がうまい』わけで、その点では広島カープがいい。基礎からみっちり鍛えてくれるのはソフトバンク。チャンスが多いチームはヤクルトとロッテだけど、ロッテは左バッターを育てるのが下手なんだよね」(同)

対照的だった原辰徳と斎藤佑樹のケース


 清宮と似た境遇で大学進学を選んだ“高校球界のスーパースター”が2人いる。原辰徳(東海大学付属相模高校→東海大学)と斎藤佑樹(早実→早大)だ。

 父親である原貢氏の東海大監督就任とともに東海大に進学した原に対しては「もったいない」という声も多かった。しかし、父親の意に沿って東海大から巨人に入団し、結果的には大成功している。

 一方、清宮の先輩でもある斎藤は早大から北海道日本ハムファイターズに入団したものの、プロの世界で苦しんでいる。原は成功例、斎藤は失敗例といえるが、仮に大学進学の場合、清宮は何を意識して野球をやるべきだろうか。

「大学4年間で、ファースト以外のポジションも守れるようになるべき。外野かサードを守れるように練習して、もう少し体を絞ること。プロを意識して4年間を過ごすのであれば、大学進学も決して遠回りではない」(同)

 大学かプロか、清宮はどのような決断を下すのだろうか。
(文=小川隆行/フリー編集者)

清宮幸太郎、プロでは「使えない」可能性…指摘されない「重大な欠点」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、プロ野球原辰徳大学斎藤佑樹早稲田実業学校高等部清宮幸太郎高校野球の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!