NEW

一部の「しょう油」、発がん性や中枢神経への作用の指摘ある原料含有の可能性

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 夏休みの終わりの時期に毎年、筆者が楽しみにしているのは、NHKラジオの『夏休み子ども科学電話相談』です。子どもならではの素朴で本質を突いた質問に戸惑う専門家の“迷回答”が見ものです。

 ある日の放送で、「カマキリは共食いするのに、どうしてヒトはしないのですか?」という子どもの相談に、回答者の先生は「ヒトは物事を隠れて行うという知恵があるからね」と答えました。この回答を聞いて子どもは「せんせい……」と言ったきり黙ってしまいました。

 確かに、ヒトでも飢餓など極限状態に陥ったときに、共食いをした例はありますから、「絶対に共食いしない」とも言えず、先生も回答に困ったのでしょう。

 また、子どもの相談によって、今の食品がいかにインチキであることがわかってしまった例もあります。

 8月下旬の同番組で、「100円硬貨をソースで磨くとピカピカになりますが、どうしてですか?」という小学校2年の女の子の相談に、回答者はこう説明しました。

「100円玉が褐色になっているのは酸化銅のせいですが、ソースに含まれている酢酸が酸化銅を溶かすのでピカピカになるんだよ。マヨネーズやトマトケチャップでも同じようにピカピカになるよ」

 これに対し相談者の女の子は、「しょう油でもなるよ」と言いました。すると、回答者は「それはおかしいな。しょう油には酢酸は含まれていないから、間違いじゃないかな」と言うと、女の子は「本当だよ。おしょう油でもピカピカになったよ」と主張しました。

 これに困惑した回答者は「そうか。先生にはわからないな。何か化学変化を起こしたのかな。しょう油の件は調べときます」と答え、この相談はこれで終わりました。

 この回答者は化学の専門家でしたが、しょう油に酢酸が含まれていないと思っているのは当然のことです。ソース、マヨネーズ、トマトケチャップは材料に酢を使いますが、しょう油は大豆、小麦、食塩からつくられます。酢は使いませんから、しょう油に酢酸が含まれているはずはないのです。

一部の「しょう油」、発がん性や中枢神経への作用の指摘ある原料含有の可能性のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、しょう油発がん性酢酸ナトリウムの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!