NEW

武井咲版『黒革の手帖』、完全な失敗…最高視聴率が米倉涼子版の最低にすら届かず

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1707_kuro550.jpg
『黒革の手帖』公式サイトより

 9月14日放送の連続テレビドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)最終回の平均視聴率は、13.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。主演・武井咲が同1日にEXILE・TAKAHIROとの結婚、そして妊娠を発表するというサプライズの影響もあってか、ドラマは最終回にして自己最高記録を達成した。とはいえ、武井が所属するオスカープロモーションの先輩女優・米倉涼子が04年に同シリーズの主演を務めた際の成績には、遠く及ばないままに終わった。

 主人公・原口元子(武井)が、銀行の派遣社員から銀座で高級クラブを営むママに上り詰めていく姿を描いた同ドラマ。当初は武井が“悪女”を演じるには「若すぎる」といった否定的意見も多かったが、初回11.7%でスタートして以降、最後まで2ケタ台をキープしたのはこのご時勢では大したもの。しかし、米倉版の最終回は17.7%の高視聴率で、ワーストも13.2%だっただけに、武井の最高記録は米倉の最低記録にも届かなかったというワケだ。

 そんな武井が演じる元子は、前回までに自身が経営するクラブ「カルネ」を政財界のドン・長谷川庄治(伊東四朗)に奪われたものの、形勢逆転の手を模索し続けていた。そして、議員・安島富夫(江口洋介)から渡された“封筒”を持って、長谷川と面会。その中には、長谷川が都知事の政治団体に献金した1億円の領収書が入っており、元子はこれが表に出れば、長谷川も都知事も贈収賄容疑で逮捕されると脅しに掛かる。その結果、長谷川から「カルネ」の返却、さらに長谷川が所有する最高級クラブ「ルダン」も譲り受けることに成功。ところが、その覚書にサインをする段階で長谷川が病死してしまい、元子は再び安島に連絡をする、という展開だった。

 その後は周囲の混乱も描かれつつ、ついに元子が「ルダン」をオープンさせるのだが、ラストは店に警察が踏み込んできて、元子がそれを不敵な笑みで迎える、といった場面で幕引き。元子の“悪事”がバレたのか、バレたとしたらどこまでで、どんな罰を受けるのか、もしくはまたしてもピンチを切り抜けていくのか……その辺りがぼやかされたエンディングに、インターネット上は「なんて中途半端な終わり方!」と落胆ムードに包まれた。一方、米倉版も見ていた視聴者からは、「前もこんな終わり方で、続編が放送された」という指摘も。しかし、武井は妊娠と出産を控えているだけに、「続編は厳しいのでは?」「続編がないなら、エンディングはもう少ししっかり描いてほしかった」などの声も少なくない。

 エンディングやその後の展開も気になるが、私としては元子への恨みを炸裂させてきた山田波子(仲里依紗)や、安島の妻で元子を敵視していた京子(江口のりこ)の活躍をもっと見たかった。特に、京子から元子に対してこれといった“攻撃”がなかったため、最終回あたりで爆発するのかと期待していたのだが……。武井の事情で続編の制作が難しいというのなら、いっそ波子や京子をメインに据えた“サイドストーリー”が見たいし、もしかしたら武井主演よりも視聴率も期待できそうな気がするのだが。
(文=美神サチコ/コラムニスト)

武井咲版『黒革の手帖』、完全な失敗…最高視聴率が米倉涼子版の最低にすら届かずのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、テレビ朝日武井咲江口洋介視聴率黒革の手帖の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!