NEW

市川紗椰、『ユアタイム』現場でシカト状態…大コケ&共演者熱愛でスタッフがブチ切れ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
市川紗椰

 9月いっぱいでの終了が決まった番組『ユアタイム』(フジテレビ系)。昨年4月に鳴りもの入りでスタートした夜のニュース番組も、約1年半で幕を閉じる。その最後を汚す格好となったのが、8月末に「FLASH」(光文社)で報じられたMCの市川紗椰と同局のベテランアナウンサー・野島卓との半同棲報道だ。

「『ユアタイム』が始まる前からフジは気合が入っており、“これまでにない報道番組を作る!”というテーマのもとスタートしました。そこでキャスティングも当時、イケメン経営コンサルタントとして注目されていたショーンKことショーン・マクアードル川上と、モデルとして活躍していた市川のコンビをキャスターとして起用することになっていました。ところが放送開始前にショーンKの学歴詐称疑惑が発覚。急遽、市川ひとりでスタートすることに。その結果、初回からコケてしまい、平均視聴率は最後まで2~3%台をウロウロ。本当は今年の3月に終了する話もあったのですが、肝入りでのスタートだったため1年では終わらせることができなかったのです」(フジテレビ関係者)

 その延命の結果、報じられてしまったのが市川と野島の“20歳差交際”だったのだから、なんとも皮肉な話だが、それにしても気になるのが“低視聴率の戦犯”とされる市川のことだ。

「もともと相撲や鉄道、ガンダムなどのオタク気質の市川はネット住民からの支持が根強く、どちらかといえば彼女に同情する声が大きかったんです。今回の熱愛報道は番組打ち切りのアナウンスがあった後ですが、それでも視聴率低迷だけが番組終了の原因となっていれば、ここまでバッシングされることもなかったでしょう」(テレビ局関係者)

 現在は「残りの時間」を粛々とこなしている市川だが、そんなときでも制作チーム内部ではかなりの仕打ちにあっているのだという。

「『ユアタイム』はこれまで『めざましテレビ』『スーパーニュース』などで知られるフジの敏腕プロデューサーで安藤優子さんの夫でもあるAさんが立ち上げた番組。市川はまさに『ユアタイム』制作統括を務めるAさんが自信を持って引っ張ってきた。それがショーンKの問題があったとはいえ、スタートダッシュに失敗。挙句の果てには、よりによって司会者同士の交際報道となり、これにキレたAさんは、現在はスタジオ内で市川とは目も合わせず、シカトしているようです。確かに市川にも責任はありますが、そこまでするAさんもどうなんだろうとスタッフの間で評判ですね」(前出・フジ関係者)

「視聴者に特別なひと時を提供する」というコンセプトでスタートした『ユアタイム』だが、市川は違った意味で“特別なひと時”を過ごしているようだ。 
(文=編集部)

市川紗椰、『ユアタイム』現場でシカト状態…大コケ&共演者熱愛でスタッフがブチ切れのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、フジテレビユアタイム市川紗椰の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!