NEW

相次ぐミサイル実験…ついにICBM&核も成功?北朝鮮の脅威と日本のミサイル防衛力とは

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 相次ぐミサイルの発射実験に加え、9月3日には「大陸間弾道ミサイル(ICBM)搭載用の水爆実験に完全に成功した」との声明を発表した北朝鮮。

1709_kita.jpg
『自衛隊の戦力―各国との比較』(メディアックス)

 1993年に準中距離弾道ミサイル・ノドンの発射実験を行ったことを皮切りに、常にミサイルの開発を進めていた北朝鮮だが、ニュースを見ている限り、ここ数年は特に発射実験が頻発し、開発ペースも上がっているようにも感じてしまうが、実際のところどうなのか。

 多数の関連著書を残しているほか、「平成29年度富士総合火力演習」中継放送のコメンテーター、さらにアニメ『東京マグニチュード8.0』や『ヱヴァンゲリヲン』、映画『亡国のイージス』の監修を務めるなど、多方面で活躍する軍事ジャーナリスト・菊池雅之氏に、現在の状況を解説していただいた。


北朝鮮の核搭載ICBMの完成はもうすぐそこ

――北朝鮮がミサイルや地下核実験と思われる実験をバンバン行っています。北朝鮮が実験を行っているミサイルとはどんなもので、今行っている実験にはどんな目的があるのでしょうか。

菊池雅之(以下、「菊池」) 彼らが言っているように、やはりICBMへの核搭載が最終目標で、すべてはそこに向けての実験です。ICBMは飛行距離をのばすため、ブースターを3段に分けて飛ばします。そこで、今後も訓練や発射実験が必要になると思います。一方で、8月29日に単段式のICBMではない火星12(中距離ミサイル)を撃っています。今は、いろいろなバリエーションの弾道ミサイルを撃ちまくっている状態なんです。それらも含めて、最終目標は核ミサイルの所持であるのは間違いないです。

――日本や韓国どころか、アメリカの西海岸まで届くような。

菊池 そうですね。火星14などは完全なる“対米国”を念頭とした射程1万キロを超えたれっきとしたICBMです。もう理論はできつつあるので、訓練を重ねていき、発射のための予算を確保する、といったところが整ったらもう完全に完成といえる段階です。

 ただ、だからといって日本としてはむやみに危機を煽る必要もないと思います。北朝鮮の目標は世界征服ではなく、現体制のもとでの朝鮮半島統一ですから。そのために韓国の動きを封じなければいけないけれど米軍が厄介である、ということでミサイルを開発しているわけです。米国を直接攻撃することは身の破滅を意味しますから、それは最後の手段。「開発しました、持っていますよ、ほら実験もしました」というところで止まるはずなんですよ、よっぽど現在の金正恩体制が変な具合に暴発しない限り。

 東西冷戦と一緒で、お互いにこめかみに拳銃を突きつけあって平和を保つという状態がまた新しくできつつあるのではないでしょうか。これが健全かどうかの議論は置くとして、そういった状態で安全というか平和はまた保たれていくのではないかと思います。

――さまざまな報道に接されても、開発は進んでいると感じられますか?

菊池 はい、進んでると思います。今までの発射方式と違って、8月29日の発射は、ミニマムエナジー軌道という本当に遠くまで飛ばすための撃ち方を試していますね。これまでのオフテッド軌道という、真上に打ち上げて、そのまま落とす発射実験よりも実戦的になっています。これは日米を震撼させました。

――Jアラートが鳴り響いて、早朝の日本人をビビらせたあれですね。

菊池 はい、あれです(笑)。あの撃ち方を試したことはすごく意味があるんです、グアムにも届くんだぞっていうのを見せつけたわけですから。一方でトランプ大統領はレッドライン超えたら報復すると繰り返し発言していますが、そのレッドラインの内容を明確に一度も示してない。

――当初はICBMを作るというのがレッドラインでは、と予測されていました。

菊池 最初は「ICBMを作ったら」……その次は「核を持ったら」……と、結局どんどん妥協してレッドラインを引き延ばしている現状ですよね。米国としても落としどころを探っているんでしょうし、北朝鮮もそこを見越しているんでしょう。

 中国も結構強硬なことを言っているようで、北朝鮮がなくなって国境を直接韓国と接する、要するにアメリカと接することがすごく怖い。今の形の北朝鮮が残ってくれるほうが、中国にとっても都合がいいわけです。そうやって各国が自分の利益を考えて、ズルズルとなっていくなかで、もう少し発言力が欲しいと、ちょっと強硬に出たのが今の北朝鮮ということだと思います。

相次ぐミサイル実験…ついにICBM&核も成功?北朝鮮の脅威と日本のミサイル防衛力とはのページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、サイル開発北朝鮮核実験菊池雅之の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!