NEW

竹内涼真、各局争奪戦で来年スケジュール「全埋まり」…熱愛等が報じられない裏事情

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
竹内涼真のインスタグラム

「今、テレビ各局が俳優・竹内涼真をめぐって激しい争奪戦を繰り広げています」(テレビ局関係者)

 竹内は高校時代には東京ヴェルディユースに所属し、2013年に女性ファッション誌「mina」(主婦の友社)初の男性専属モデルオーディション「minaカレグランプリ」でグランプリを獲得。14~15年にかけて放送された『仮面ライダードライブ』(テレビ朝日系)で主演を務め、『下町ロケット』(TBS系)、『時をかける少女』(日本テレビ系)、連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)と話題作への出演を果たしてきた。主演・高畑充希の相手役として出演していた今クールの『過保護のカホコ』(日本テレビ系)も13日に最終回を迎え、その視聴率が自己最高の14.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークした。

「今、竹内くんは業界内で“プリンス・オブ・視聴率”と呼ばれているんですよ。『ひよっこ』も彼が出てきてから視聴率が上がったし、当初は大コケするんじゃないかと思われていた『過保護のカホコ』も、蓋を開けてみれば大成功だった。ドラマの放送期間中に発売された2nd写真集『1mm』(集英社)の売り上げもすさまじく、『高視聴率の要因は竹内だ』と、今どの局も彼のドラマ出演権を獲得しようと躍起になっていますよ。なんでも、来年のドラマ出演のスケジュールがもう全部埋まってしまっているらしいですからね。いち早く交渉を始め、10月期の『陸王』への出演を獲得したTBSの高笑いが聞こえてきそうです」(同)

 さらに、竹内の“人気”を証明するのは視聴率だけではない。

「『過保護のカホコ』の現場でも、女優陣にかなり人気だったみたいです。特に黒木瞳さんと三田佳子さんは、まるで竹内くんを取り合うようだった、なんて話も聞こえてきてます。しかも『その仕草を見てると、なんとなく女性っぽさもある』なんて、男性スタッフまでメロメロでしたからね。ここまで一気に人気が出たのに、まったく女性との熱愛や夜遊びなども報じられないので、よほど根が真面目なのでしょう」(同)

 そんな誰からも好印象の竹内だが、「週刊誌に撮られていないのには、理由がある」と、芸能事務所関係者は話す。

「竹内くんが所属するホリプロは、売れているタレントに対して専用車をつけるんですよ。しかし、彼は急に売れてしまったため、事務所の対応が間に合わず、『過保護のカホコ』の現場でもロケバスで移動をしていました。要は、スタッフたちに混じって移動していたわけで、週刊誌はどの車を追いかければいいのか、わからなかったわけです」

 これから竹内を追いかけるメディアがますます増えるはず。最初のスキャンダルは果たして誰と撮られるのか――。プライベートからも、目が離せなさそうだ。
(文=編集部)

竹内涼真、各局争奪戦で来年スケジュール「全埋まり」…熱愛等が報じられない裏事情のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、ホリプロ竹内涼真過保護のカホコの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!