NEW

マスコミも把握していない裏ネタを入手!スプリンターズSの超穴馬、払戻金は1000倍か

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1000倍の配当ならこんな払戻も夢ではない

 今週末の競馬は、G1レースの第51回スプリンターズステークスが行われるが、早くもあの手この手の情報戦が繰り広げられているようだ。

 政治や芸能界などと同様に、競馬界にもさまざまな「裏ネタ」があり、そしてその事実は時として馬券に大きな影響を与える。たとえば、無敗の三冠馬・ディープインパクトが3歳時に有馬記念に挑戦した際、直前でトラブルがあったが、厩舎側がマスコミの取材をシャットアウトしたことがある。レースの結果は、ディープインパクトは断然の1番人気に支持されながら2着に敗退、競馬場にはファンの悲鳴が響き、多くの馬券が紙くずに変わってしまった。

 当時、ほとんどのマスコミがディープインパクトの状態や取材拒否の真相を把握できずにいたこともあり、体調不良だったという事実を、競馬ファンはレース後に知らされることになった。しかし、競馬の内部事情を把握する「競馬関係者」たちは、その裏ネタを事前に入手し、独占的に“おいしい”馬券を手にしていたという。

 このことからもわかるように、競馬においてもっとも重要なのは「馬券に直結する裏ネタ」を、どれだけ多くレース前に入手できるかだといっても過言ではない。前述のディープインパクトのように、断然の人気馬が敗退すれば自ずと配当は上がり、その恩恵は多大なものとなる。

 さて、スプリンターズステークスについて話を戻すと、今年は傑出馬不在の混戦レースといわれており、加えて例年以上にマスコミには出ない情報が多くあるという。裏を返すと、競馬ファンは大事な馬券検討材料である情報が不足しているといえるわけだ。実は、その「表に出ない」情報を一般人でも入手する手段があるので、ここでお伝えしたい。それは、競馬の裏事情を暴露して馬券に直結させている「情報暴露軍団」を利用することだ。

 この「情報暴露軍団」は、競馬関係者と家族同然の付き合いがある超凄腕のトラックマン(競馬記者)と契約し、毎年、年間300本以上の万馬券を的中させているトップクラスの情報集団だ。9月24日も阪神3レースにて、12番人気から勝利したジューンアンカーを本命に指名し、馬単2万7890円、3連複5万6830円という大きな馬券を的中させている。これほどの人気薄馬を本命として推奨できるのは、彼らがマスコミに流れない「裏ネタ」を独占的に扱っているからにほかならない。

 そもそも、この「情報暴露軍団」の代表は、2013年に休刊となった「ダービーニュース」という競馬専門紙の出身だ。現場で、嫌というほど適当な新聞づくりをする媒体があるのを見たことをきっかけに、競馬ファンに「真の情報」「ナマの情報」「表に出ない話」を伝えたいという思いで、この集団を立ち上げたという。その後の活躍は、前述したように年間300本以上の万馬券を的中させるという規格外の成績からもわかるだろう。

 なぜ、既存のマスコミとこの「情報暴露軍団」はこれほどの差があるのだろうか。それは、「締切と人材」という現実的な事情があるようだ。

 スポーツ紙や競馬新聞は印刷があるため、締切の関係上、予想はレースの2~3日前、枠順が決まる金曜日より前の木曜日につけられているケースもある。その場合、掲載されている関係者のコメントも、木曜日までに発信されたものとなる。それ以降、レース直前までの情報は一切反映されない。競馬予想において重要な枠順もそうだが、サラブレッドの体調は日々変わるものなのに、直前の情報が反映されていないのは大きな不利だ。

 また、聞くところによると、テレビで見かける競馬記者の実態は、ほぼ素人同然レベルのサラリーマンもいるようだ。馬の見方もろくに知らない人間が、パドックでプロっぽく語っているのを見て、多くの競馬関係者が苦笑しているという。さらに、競馬関係者とも仕事上コメントをやり取りするだけの関係で、本音で付き合う人は少ないというのが現実だ。

 このように、スポーツ紙や競馬専門紙に記載されたコメントや印は“競馬のプロ”によるものだ、という思い込みは捨てたほうがいいだろう。

 一方、「情報暴露軍団」の情報は、彼らの公式サイトで一般向けに公開されており、その情報量も膨大だ。担当者によると、その日一番の穴情報を公開する『スーパー穴一番』、一撃必殺の巨大万馬券を狙う『一撃必殺万券夢馬券』、メインレースを対象とした『やっぱりメイン斬り』などが多くのアクセスを集めているという。そのなかでも一番の人気コンテンツは、1日3レースの勝負買い目を永久に無料で見られる『Mr.サンタの馬券指南』で、圧倒的な的中率を誇り、先週末もしっかり好配当を的中させている。

人気馬に不安情報があるというが……

 そんな彼らが「任せてください」と胸を張るのが、今週末のスプリンターズステークスだ。

「今年は、人気が確実なビッグアーサー、セイウンコウセイ、レッツゴードンキといったG1レース優勝馬に関して、それぞれ表には出てこない『不安話』があります。上がり馬のダイアナヘイロー、ファインニードルあたりも『即通用するほど甘くない』といった声もあり、近年まれにみる混戦模様です。しかし、我々にはすでにこのレースの中心となる“ある馬”の暴露情報が届いており、3連単馬券は1000倍以上の配当が見込まれています。この裏ネタは、我々が独占的に入手したもので、見ていただければほかのメディアとの違いが歴然となるでしょう」

 このようにスタッフは力を込めて語っているが、スポーツ紙や競馬専門紙でこういった自信を事前に告知できるマスコミはないだろう。それはなぜか--。

 答えは簡単だ。的中させる自信がないのと、不的中による読者からのクレームを恐れているからだ。そんな予想に価値はあるのかと考えれば、答えはノーと言わざるを得ないだろう。我々が求めるのは、確固たる根拠と絶対の自信に基づく本物の情報だからだ。

 間近に迫ったスプリンターズステークスに関して、ひとつ朗報がある。なんと、この「情報暴露軍団」が独占入手したスプリンターズステークスの「1000倍馬券情報」を、新規登録者に限り、「無料」で提供してくれるというのだ。しかも、この情報を利用すればサイト内の各情報で利用できる1万円分のポイントももらえるというから、さらに嬉しい。

 登録は完全無料で、必要なのはメールアドレスのみ。今すぐ彼らの公式サイトにアクセスして、スプリンターズステークスの「1000倍馬券情報」をゲットしよう。
(文=編集部)

無料公開CLICK → スプリンターズステークス「1000倍馬券情報」

※本稿はPR記事です。

マスコミも把握していない裏ネタを入手!スプリンターズSの超穴馬、払戻金は1000倍かのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、スプリンターズステークスの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!