NEW

安倍政権、お友達・秋元康氏のAKB総選挙に巨額税金投入疑惑…沖縄振興の要件に不適合か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
安倍首相、衆院解散を正式表明 10月総選挙へ(ロイター/アフロ)

 28日、安倍晋三首相が臨時国会冒頭で衆議院解散を宣言し、日本は総選挙へ走り出した。だが、「総選挙」といえば、衆議院総選挙ではなく、アイドルグループ・AKB48の「総選挙」を思い浮かべる人々も、世間には多いのではないだろうか。

 実は安倍首相は、AKB48とは浅からぬ縁がある。2013年12月、東京で開かれたASEAN特別首脳会議後の晩餐会で、約220人の各国要人の前で、AKB48が『恋するフォーチュンクッキー』を歌ったこともある。AKB48総合プロデューサーの秋元康氏と安倍首相は、13年のクールジャパン推進会議で出会って以来、昵懇の仲。新聞各紙が報じる首相動静によれば、安倍首相はしばしば秋元氏と会食している。15年3月には、新閣僚が記念写真を撮る場所である首相官邸の西階段で、秋元氏が幻冬舎の見城徹社長ら5人で安倍首相を囲んで並んだ写真が、参加者メンバーのフェイスブックにアップされた。「閣僚ごっこ」と揶揄されたこの写真は、その後削除された。

 そんなAKB48の毎年恒例イベントとして知られるのが「総選挙」だ。今年は6月17日、「AKB48 49thシングル 選抜総選挙」が沖縄の「豊崎海浜公園豊崎美らSUNビーチ」で開催される予定だったが、悪天候のために中止。テレビ放映のために、豊見城市立中央公民館で、総選挙史上初めて「無観客」で行われた。

 このイベントに、沖縄振興交付金から2800万円が注がれていることを、現在の外相である河野太郎衆議院議員が7月6日の自身のブログ「ごめまの歯ぎしり」で問題にした。いうまでもなく、このお金は国費。もともとは国民の税金である。

「この沖縄振興交付金の使われ方は不自然だ」と指摘するのは、『国家戦略特区の正体』(集英社新書)の著者であり、立教大学経済学部の郭洋春(カク・ヤンチュン)教授である。

「沖縄振興交付金で運営される戦略的課題解決型観光商品等支援事業に、AKB48選抜総選挙が選ばれたということで、会場運営費などとして2800万円が出されたということです。時系列から見ていきましょう。同事業の公募が始まったのが今年の2月15日で、締め切りが3月18日。本審査が始まるのが3月29日で、採択事業を発表したのが5月18日です」(郭教授)

安倍政権、お友達・秋元康氏のAKB総選挙に巨額税金投入疑惑…沖縄振興の要件に不適合かのページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、AKB48安倍晋三首相衆議院解散の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!