NEW

秋華賞、10万超特大万馬券も…有力馬が軒並み不安、情報も錯綜、「関係者の本音」は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今週の秋華賞に衝撃情報が…

 10月に入り、秋競馬が本格的に開幕した。1日に行われた“秋の短距離王決定戦”第51回スプリンターズステークスは、レッドファルクスが昨年に続いて制覇した。また、フランスで行われた凱旋門賞は、日本から出走したサトノダイヤモンドとサトノノブレスが敗退したものの、このチャレンジも大きな話題となった。実際に、凱旋門賞の馬券売上は、日本だけで34億円に上り、競馬人気の高さを象徴しているといえるだろう。

 そんな秋競馬は、今週末の秋華賞をはじめとして、菊花賞、天皇賞(秋)、エリザベス女王杯、マイルチャンピオンシップ、ジャパンカップそして年末の有馬記念など、注目のビッグレースが目白押しだ。武豊騎手の騎乗するキタサンブラックが、ダービー馬・レイデオロや3歳最強牝馬・ソウルスターリングと対決するなど話題も豊富で、今から楽しみで仕方ないという競馬ファンも多いだろう。

 秋競馬を長く楽しむためには、やはり秋華賞を的中させることが重要。秋華賞を的中させて秋競馬の軍資金をしっかり稼ぐことができれば、余裕をもって年末まで競馬を楽しめるからだ。

 秋華賞的中に向けてもっとも重要なのは、“本物の関係者情報”であることは間違いない。秋華賞はソウルスターリングが出走回避したほか、桜花賞馬・レーヌミノルなど春の実績馬がトライアルのローズステークスで大敗して波乱となっただけに、空前の混戦模様となっているからだ。

 しかし、世の中には多くの情報が溢れており、どれが正確なのか、どれが結果につながるのか、一般競馬ファンにはわかりにくいのが現実だろう。そこで、多くの競馬ファンや競馬関係者、さらに競馬記者などにリサーチを行ったところ、誰もが認める「競馬関係者軍団」の存在が浮かび上がった。彼らの特徴は2つある。ひとつ目は、とにかく馬券がよく当たること。もうひとつは、その情報の凄さだ。ここで彼らの凄さを証明する、リサーチした際の声を紹介しよう。

「狙ったレースの精度が異常なんですよ。まるで『ドクターX』の大門未知子です。『私、失敗しないので』みたいな。こんなの一般人でもスポーツ紙でも無理、絶対無理。特にキーンランドカップの万馬券はビックリしました。これが本物の情報なんだと思いました」(競馬ファン)

「悔しいけれど、我々マスコミでは情報の限界があります。厩舎関係者には、マスコミに非協力的なところも多いですし、公にできない話もあります。その点、彼らは競馬関係者そのもので、我々では入手できない本物の情報をたくさん持っています。キーンランドカップで、エポワスが本命だと聞いたときは耳を疑いました。我々のところには、そんな話は入っていませんでしたからね。しかも、結果は12番人気で勝利しました。我々が彼らに劣っているのは現実と言わざるを得ません」(競馬記者)

 競馬ファンが感嘆し、競馬記者が負けを認めるこの「競馬関係者軍団」は、5名の元JRA調教師、元JRA騎手、そして大物馬主が中心となり、東西南北すべての競馬施設に情報網を持ち、あらゆる競馬関係者と密接な関係にあるのがポイントだ。ここまで競馬情報の入手態勢を整えているマスコミはほとんどないだろう。

元JRA調教師だから入手できる情報がある

 また、前出した競馬ファンや競馬記者が語るように、その情報精度は目を見張るものがある。彼らが口を揃えたキーンランドカップとは、12番人気のエポワスが快勝し、3連単11万4130円という特大万馬券が飛び出したレースだ。多くのマスコミがノーマークだったことで人気薄となったわけだが、彼らはこのエポワスの好走情報を独占入手し、見事11万馬券を的中させたのだ。

 もちろん、G1レースの実績も見事なもので、事前に「1点勝負」を宣言した大阪杯では馬連2320円、さらに3連単2万3910円も仕留めたほか、前出のスプリンターズステークスもズバリ的中させているのだ。これだけの実績を持つ「競馬関係者軍団」が、秋華賞についても自信満々のコメントを出している。

「関係者から、的中を確信させる情報が届いています。もちろん、マスコミには漏れないので独占情報です。このレースも的中させる自信がありますので、お任せください」

 聞くところによると、彼らは秋華賞において過去7年で6レースを的中という実績があり、昨年も3連複2万940円を的中させるなど絶好の相性を持っている。そして今年に関しても、高額な馬券のチャンスだと言う。

「ソウルスターリングとアドマイヤミヤビが不在なほか、トライアルのローズステークスではモズカッチャン、ファンディーナ、レーヌミノルなどが揃いも揃って着外。世間一般の目で見れば、春の実績馬と夏の上がり馬の実力差を測りかねる状況で、混戦ムードに拍車が掛かっています。

 オークス馬・シンハライトがリタイアした昨年同様に、今年も『ウチの馬にもチャンスが出てきた』と色めきたつ陣営は少なくありません。だからこそ、自ら他陣営のマークがきつくなるような強気なコメントを表には出さず、マスコミにはあくまで建前に終始することになります。世間に出回る情報は錯綜することになるでしょう。

 そんな状況だからこそ、本物の関係者情報を入手できる我々の力は存分に発揮されるといえます。

 もっとも注目している馬に関しては、現時点では名前を出せませんが、“大仕事をやってのけそうな状況にある”といえます。マスコミが『混戦』と喧伝すればするほど、人気が割れるので、万馬券決着はほぼ確実でしょう。今夏のキーンランドカップにて、12番人気エポワスを本命に据えて3連単11万4130円を的中させていますが、その時と同様に秋華賞も10万円を超える特大万馬券になる可能性があるとみています」

 キーンランドカップの11万馬券の再現もあると言われれば、これは絶対に無視できない情報だ。

 100円が10万円、1000円が100万円になる10万馬券は、競馬ファンのみならず誰にとっても的中させたいもの。しかも彼らによると、メール会員登録を行えば、この秋華賞の「3連単勝負情報」を無料で提供してくれるという。さらに、秋華賞情報だけでなく、半永久的に無料で利用できるコンテンツもあるというから、利用しない手はない。

 競馬を楽しむだけでなく、「馬券で儲けてみたい」「効率よく利益を出す買い方をしてみたい」と考えるなら、この「競馬関係者軍団」が提供する無料の秋華賞情報は必見。秋競馬をより楽しむためにも、今すぐチェックしてほしい。
(文=編集部)

無料公開CLICK → 秋華賞「3連単勝負情報」

※本稿はPR記事です。

秋華賞、10万超特大万馬券も…有力馬が軒並み不安、情報も錯綜、「関係者の本音」は?のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、キタサンブラックソウルスターリングレイデオロ武豊秋華賞の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!