NEW

ブルセラ、再来…なぜ彼女たちは使用済みパンツを1枚3000円で売り歩くのか?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 女子高生が制服姿で接客する「JKビジネス」。東京都では7月から規制条例が施行されたが、業者とのイタチごっこは続いており、問題は根本的に解決していないという見方が大半だ。


 そんななか、最近増加しているのが「JK売り子」だ。これは女子高生がツイッターを通じて自ら下着や靴下などを販売する行為で、表向きは「中古服の売買」ということになっている。しかし、なかには唾液や尿などを売る女子高生も存在し、かつてのブルセラショップのような状態になっているという。

 また、JK売り子は基本的にインターネット上で売買を行っているが、客と会って下着を「直売り」する女子高生も存在する。実際に直売りを行っているという女子高生に話を聞き、JK売り子の現状を探った。

10人にパンツやブラジャーを売ったエリカ


 JK売り子たちの多くは警戒心が強い。会って話を聞かせてもらえる女子高生を見つけるのに苦労したが、なんとか1人と会う約束を取り付けた。

 約束した時間に5分ほど遅れて待ち合わせ場所に現れたエリカ(仮名)は、都内の通信制の学校に通う高校3年生の17歳。少し茶色がかったロングヘアの美少女で、背中がざっくりと開いている白のトップスにジーンズというシンプルなファッションは、まさに「どこにでもいそうな女子高生」だ。

 彼女がJK売り子として下着を売り始めたのは、高校3年生になったばかりの今年4月頃だという。

「家庭の事情で、高3から学費を自分で払うことになったんです。それで、『たくさん稼げるバイトないかなぁ』って友達に話したら、『パンツ売ればいいじゃん』って教えてくれて。援交は絶対やりたくないけど、パンツを売るだけならいいか……と思って始めたのがきっかけです」(エリカ)

 友達に教えてもらった後、試しにツイッターで「#JK売り子」と検索してみると、女子高生を名乗る書き込みが多数ヒットした。

 エリカは「みんなやっているなら……」と安心し、さっそくツイッターで客を募集。約半年で10人の客にパンツ3000円、ブラジャー2000円、靴下1500円、ローファー5000円でそれぞれ売ったという。

 さらに、彼女の場合、その場で脱いで下着を手渡しするプラス3000円の「生脱ぎ」、その際に自慰行為をして下着にシミをつけるプラス2000円のオプションも設定している。

「こちら側からすれば、相手がどんな人でも売れるので郵送のほうが楽。でも、実際に会わなきゃ私の下着だって信用できないって人も多いし、怖いけど確実に買ってもらえる。オプションも付けられるので、『直売り』もするようになりました」(同)

カラオケボックスでサッとパンツを脱いで渡す


 彼女が知る限り、JK売り子の客層は30~40代の男性がほとんどだが、たまに20代の学生風の男性もいるそうだ。

 確かに、「どうせ買うなら、実際に会って履いているものを脱いでもらうほうがいい」というのが買う側の心理なのかもしれない。

 とはいえ、女子高生が見知らぬ男性と2人きりで会うのはかなり危険だ。この直売りをするとき、男性側から“さらなる要求”はなかったのだろうか。

ブルセラ、再来…なぜ彼女たちは使用済みパンツを1枚3000円で売り歩くのか?のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、JKビジネスTwitterブルセラ女子高生の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!