NEW

生理をめぐるニセ科学 世界中で信じられていた「月経毒素説」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

生理をめぐるニセ科学 世界中で信じられていた「月経毒素説」の画像1
BBC NEWS JAPANより

 BBC NEWS JAPANのサイトで、マダガスカルの月経タブー視を解消しようという活動が紹介されている。

 動画に登場した女性は、初経のとき「月経中にマヨネーズを作ると固まってダマになってしまうから作ってはいけない」と教わったが、7年後、本当にそうなるのか誰もいないときに試してみたところ、固まらずにうまく作ることができたという。

 マダガスカルでは、こうした月経にまつわる俗説が、いまだに信じられているのだ。

 今も生き続けているかどうかは地域によって異なるが、月経が食品加工に支障をきたすという俗説は、世界各地で言い伝えられてきた。

 1970年代にアメリカのフェミニストたちが行った報告によれば、かつてフランスでは月経中の女性が近くにいるだけでマヨネーズがうまく作れないと言われていた(フランスはマダガスカルの旧宗主国である)。

生理をめぐるニセ科学 世界中で信じられていた「月経毒素説」のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!