NEW

小池百合子氏のふわふわとしたダイバーシティ宣言。ダイバーシティを「リセット」させないために【第16回:トランス男子のフェミな日常】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

小池百合子氏のふわふわとしたダイバーシティ宣言。ダイバーシティを「リセット」させないために【第16回:トランス男子のフェミな日常】の画像1
トランス男子のフェミな日常

 「女性初の大統領になるか」と謳われたヒラリー・クリントンではなく、ドナルド・トランプがオバマ前大統領の後継者に選ばれたとき、黒人作家のベル・フックスはインタビューでこう語った。「大事なのは女性の大統領を選ぶことより、フェミニストの大統領を選ぶことだ」。

 彼女はヒラリーを支持しない理由として「私たちは帝国主義ではなくフェミニズムを支持すべきだから」と前から述べていた。

 女性の政治家なら「オッサン政治」とは一味違う政策をやってくれるだろうという期待には、うなずける部分も、全然そうではない部分もあって、ひとくちには語れない。

 まず、女性の政治家が増えることの意味は大きい。国内を振り返れば、日本の議員に占める女性の割合はわずか13%で、なんと世界第142位(IPU調べ、2017年1月時点)。これは最近ようやく女性の自動車運転が認められたサウジアラビアの19.9%よりも低い。どう増やすのかは様々な議論があるが、増やしていかないと話にならないレベルといえる。

小池百合子氏のふわふわとしたダイバーシティ宣言。ダイバーシティを「リセット」させないために【第16回:トランス男子のフェミな日常】のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!