NEW
池内ひろ美「男と女の問題を斬る」

夫が妻の話を聞かない「当たり前の理由」…夫婦の会話は15秒がベスト

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 私は家族問題コンサルタントとして、もう20年以上にわたり、3万7000人以上の人たちから話を聞き、問題点を整理し、ご本人が望む解決に向かうよう心がけてきました。そこには、さまざまなトラブルや悩みがあります。

「夫が私の話を聞いてくれないんです」と訴える妻たちがいます。それが主訴でなくとも、夫婦トラブルの隙間には、「私の話を聞いてくれない不満」が隠れていることが多いものです。

 彼女らはどうしたいのかといえば、自分の話を聞いてほしい。できれば夫が顔をこちらに向けて聞いてほしい。私の話にうなずいてほしい、合いの手なんかも入れてくれるとうれしい、共感してほしい、でも否定はされたくない。この、「否定されたくない」感情が大きくなり過ぎて、話が冗長になり、結果的に相手に何も伝わらないということが多々見受けられます。

 それは夫婦の会話だけでなく、ご相談を受ける最中にも見受けられます。

「夫が私の話を聞いてくれないんです。いつだって同じなんです。私が話し始めると面倒くさそうな顔をして、ときには眉間にシワを寄せてみたり、わざとらしく大きなため息をつくこともあります。私は話したいと思っているのに、夫はいつも、疲れているとか仕事のことを考えているとか言って、私が話し始める前にいつも遮られてしまうんです。逃げることもあります。私が廊下で話しかけると夫はリビングのソファへ行き、リビングで話しかけるとキッチンへ移動したりします。それでもがんばって話しかけると、しまいには『頼むから黙っていてくれ』と言います」

 ね。わかりますか。

 彼女が「話したい」という内容がなんであるか、この長いセリフのなかからまったく読み取ることができません。「いつだって同じ」というのは、何年前からなのか、頻度はどうかもわかりません。相談を受ける私も、ふと大きなため息をつきたくなる瞬間ですね。

夫婦の会話を15秒で行う


 会話の基本は5W1Hというのは、誰もが知っています。いつ(When)、どこで(Where)、誰が(Who)、何を(What)、なぜ(Why)、どのように(How)という6つの要素を伝えることがポイントです。

 それに加えて、夫婦の会話を円滑に進める(話を聞いてもらう)大切なコツが、もうひとつあります。

 それは、15秒間で話すことです。

「そんなに短い時間では何も伝わらない」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。十分に伝えることができます。テレビCMは約15秒単位ですが、視覚と聴覚に訴えるその内容は十分に伝わり、良いCMは印象にも残ります。スマートフォンでは15秒すら長く感じられるため、5~6秒の動画広告まであるほどなので、6秒でも情報を伝えることができるという証明ですね。

 では、夫婦の会話を15秒で行うとは、どういうことでしょう。前述した長いセリフ、「夫が私の話を聞いてくれないんです。いつだって同じなんです。(中略)それでもがんばって話しかけると、しまいには『頼むから黙っていてくれ』と言います」という内容を語るのに必要な時間は1分前後。

夫が妻の話を聞かない「当たり前の理由」…夫婦の会話は15秒がベストのページです。ビジネスジャーナルは、連載、トラブル会話夫婦関係の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!