NEW

秋華賞、超低レベルの大混戦模様…本命不在、10万馬券の可能性もある強烈な「穴馬」?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今年の秋華賞は過去最大級の混戦模様

 レッドファルクスの連覇に終わったスプリンターズステークス。そして恒例の3日間開催が終わり、いよいよ秋競馬は大一番を迎える。今週末は、いよいよ牝馬三冠クラシック最終戦の秋華賞、そして来週末には3歳クラシック最終戦の菊花賞が行われ、10月最終週には中距離王決定戦の天皇賞(秋)が行われるのだ。今回は、このG1レース三連戦を徹底解剖し、皆様の懐にプラスになる有益な情報を伝えたい。

 まず秋華賞だが、今年は例年にない、かなりの混戦模様といっていいだろう。3歳牝馬世代は桜花賞馬・レーヌミノルとオークス馬・ソウルスターリング、さらにNHKマイルカップ馬・アエロリットの3頭が中心だが、世代最強と目されていたソウルスターリングは秋華賞路線から回避し、10月8日の毎日王冠に出走するなど古馬への挑戦を表明している。つまり、秋華賞はソウルスターリングが不在なのである。また、レーヌミノルは秋華賞のトライアルで9月17日に行われたローズステークスに出走し9着に敗退、アエロリットは7月のクイーンステークス以来の休み明けという状況であり、さまざまな要因が重なって混戦模様となっているのだ。

 続く菊花賞は、さらに混戦模様となっている。今年の日本ダービーを制し前哨戦の神戸新聞杯も快勝したレイデオロが出走を回避し、古馬最高峰のレースであるジャパンカップに挑戦すると表明しているのだ。皐月賞を9番人気で勝利したアルアインは、前哨戦のセントライト記念で条件馬に敗退し、その他のメンバーも大きな成長は見られず3歳牡馬戦線は大混乱状態となっている。この菊花賞に関して、ある競馬記者はこう話す。

「非常にがっかり。こんなレベルのG1レースは見たことがないかもしれない。しかし、それだけに高配当は間違いないだろう」

 果たして、どんなレースとなるか見ものである。

 最後に天皇賞は、秋華賞や菊花賞と異なり、かなりハイレベルなメンバーとなるだろう。昨年の年度代表馬・キタサンブラックを筆頭に、毎日王冠を勝利したリアルスティール、サトノクラウン、マカヒキ、ソウルスターリングなどのG1馬が集結し、ハイレベルながら大混戦、そして好配当必死の注目レースとなっているのだ。

 さて、この3つのG1レースは、競馬ファンならずとも誰もが的中させたいレースであるのは間違いないだろう。的中させれば周囲から「神」扱いされ、さらに自らの「懐」も潤うのだから、こんな美味しいものはほかにはない。仮にロトや宝くじを当てても、それは「運が良かったね」で終わるものだが、競馬は実力が必要とされる。それだけに、情報収集力や分析力が問われるのは間違いない。

 しかし、秋華賞を筆頭に、これほどの難解なレースを的中させるのは簡単な話ではない。ならばここは思い切って、その道のプロに託すのがベストな選択ではなかろうか。今回推奨するプロとは、競馬最高峰の競馬関係者が集結した「シンクタンク」だ。

 シンクタンクは元JRA調教師の増沢末夫、境征勝、平井雄二、中野渡清一をはじめ、元JRA騎手の安田富男や大物の現役馬主たちが集結した、本物の競馬関係者による競馬ファンのための競馬情報サイトだ。この秋も、スプリンターズステークスを筆頭に数々の的中を積み重ね、その情報力と実績は業界最高という呼び声も高い。実際に、競馬ファンの中には「シンクタンクさえあれば競馬新聞もスポーツ紙もいらない。これを基に毎週馬券を購入して、何度も当てている」と語る人も多く、熱烈なユーザーが全国に存在する。

 このシンクタンクが優れているのは、本物の競馬関係者が集結し実際に運営に関わっていることにあるといえよう。そして、競馬ファンだけでなく競馬関係者からの信頼が厚いことも重要だ。ある厩舎関係者はこう語る

「シンクタンクさんだけは特別ですよ。多くの厩舎関係者が、あの人たちにお世話になっている“後輩”ですからね。マスコミに出さない本当のことも、シンクタンクの方々には包み隠さず話します。しかも、いろんな相談に乗ってもらったりしており、そういった意味でも、我々にとってもシンクタンクさんは特別な存在です」

 これほどの評価を集めるシンクタンクは、やはり競馬界の中でも別格の存在といえよう。

 シンクタンクは、全国の競馬施設から情報収集できる態勢を構築、そのスタッフや競馬関係者だけでなくマスコミ関係者とも交流している。そして、そこで得られる唯一無二の情報を基に買い目(お勧めの馬の組み合わせ)を競馬ファンに提供しているのだ。

 この秋はG1レースのスプリンターズステークスを筆頭に、毎日王冠、オールカマー、シリウスステークスといった重賞レースをことごとく的中。秋だけでなく夏にはキーンランドカップで3連単11万4130円を的中、春もG1レースの大阪杯で事前の宣言通りに馬連23.2倍を一点的中と、その実績は申し分ない。

 そんな彼ら以外に、このG1三連戦を託せる存在があるだろうか。彼ら自身は、こう語っている。

10万馬券が狙える秋華賞はもちろん、菊花賞そして天皇賞も抜群の情報が集まっており自信の情報提供となります。特に秋華賞は、昨年も“1強”と断言したヴィブロスが勝利して3連単2万940円を的中させており、相性は抜群です。情報収集態勢も万全で、裏付け取りも徹底しており、10万馬券決着もあり得る強烈な穴馬情報が届いています。夏のキーンランドカップで的中させた11万馬券に続く興奮も期待できますよ。

 なお、今週初めて登録された方には、10万馬券も期待できる秋華賞の『三連単予想』を無料で提供いたします。さらに、平井雄二元JRA調教師が最高責任者を務める重賞・メイン特捜部がお伝えする【重賞戦略会議】は、ココだけのとっておき話が数多く盛り込まれているだけでなく、データ班、調教班の推奨馬なども見ることができ、会員の皆様から好評を博しています。G1レースに関してサイト内にて【G1特集】を特別公開しており、コチラも人気ですよ。

会員から届く的中掲示板の盛り上がりも凄い

 スポーツ紙や他サイトには載らない本物の情報を体験し、秋競馬を楽しみたい競馬ファンには絶好の機会となるでしょう。ぜひ利用してみてください」

 これは競馬ファンだけでなく20歳以上すべての人にオススメしたい、とっておきの情報だ。馬券は20歳以上であれば学生であっても誰でも購入することができる。
そこには老若男女、年齢も性別も関係なく、必要なのはチャレンジ精神だけだ。

 秋競馬は日本で一番競馬が盛り上がる最高のシーズン。このG1三連戦をきっかけに競馬を始めるのもいいだろう。ぜひこのビッグチャンス、そして秋の大勝負を逃さないでいただきたい。
(文=編集部)

無料公開CLICK → 秋華賞「3連単予想」シンクタンク

※本稿はPR記事です。

秋華賞、超低レベルの大混戦模様…本命不在、10万馬券の可能性もある強烈な「穴馬」?のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、天皇賞(秋)秋華賞菊花賞の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!