NEW
山田まさる「一緒に考えよう! 超PR的マーケティング講座」

もはや世界遺産?名古屋喫茶店文化の正体…朝から晩までボリューミーなモーニング付き

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 そして皆、ただ「お茶をする」「時間を潰す」のではなく、何かを食べながらおしゃべりや読書を楽しんでいるのである。良くも悪くも雑多で気軽な空間である。私から見れば名古屋の喫茶店は、お茶をするためのカフェというより、コンパクトながら食事、間食、お茶を楽しむ“軽食堂”なのである。

 ケンミン食文化、それが名古屋でも香川でも博多でも皆共通しているのは、必ず食材や調味・調理方法、メニュー、サービスなどに、シンプルで際立つ特徴があるという点だ。それは地元県民にとって「こうでなければならない」「こうあるべし」という掟(おきて)のようなものだろうし、外から見れば奇妙にさえ映る「独特」の世界だ。しかも、その「独特」が、街の風景の中に溶け込み、すっかり染み込んでいる。つまり、「独特」と「お馴染み」が時間をかけて共存しているのが、優れたケンミン食なのだ。

 最近、あるテレビ番組で讃岐うどんを冠にする「丸亀製麺」が、実は兵庫発の焼き鳥チェーンだった件が紹介され、ネットでは「そうだったのか」「本物ではない?」などと物議を醸したらしい。私に言わせてもらえば、出自がどうであろうと「独特」をしっかりと踏襲し、それぞれの街の中で「お馴染み」をつくることができるかが勝負なのではないかと思う。

 複数のカフェやレストランを経営している外食チェーンの社長さんにお話を聞いたときに、「最終的な目標は、1店舗1店舗がその街の風景になること、その街の人たちにとって、なくてはならない店になることだ」とおっしゃっていたことを思い出す。そういう1店1店の集積が、ケンミン食文化をつくっているのだろう。
(文=山田まさる/インテグレートCOO、コムデックス代表取締役社長)

●山田まさる

株式会社インテグレートCOO、株式会社コムデックス代表取締役社長
1965年 大阪府生まれ。1988年 早稲田大学第一文学部卒業。1992年 株式会社コムデックス入社。1997年 常務取締役、2002年 取締役副社長就任。2003年 藤田康人(現・株式会社インテグレートCEO)とB2B2C戦略の立案に着手。2005年 食物繊維の新コンセプト「ファイバー・デトックス」を仕掛け、第2次ファイバー・ブームを巻き起こした。同キャンペーンは、日本PRアワードグランプリ・キャンペーン部門賞を受賞。2007年5月、IMC(Integrated Marketing Communication)を実践する日本初のプランニングブティックとして、株式会社インテグレートを設立、COOに就任。2008年 株式会社コムデックス 代表取締役社長に就任。同年「魚鱗癬」啓発活動にて日本PRアワードグランプリ・日常広報部門最優秀賞受賞。著書に『スープを売りたければ、パンを売れ』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『統合知~“ややこしい問題”を解決するためのコミュニケーション~』(講談社)、『脱広告・超PR』(ダイヤモンド社)がある。

http://www.itgr.co.jp/(株式会社インテグレート)

もはや世界遺産?名古屋喫茶店文化の正体…朝から晩までボリューミーなモーニング付きのページです。ビジネスジャーナルは、連載、コメダ珈琲店モーニング喫茶店の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!