NEW

菊花賞、過去最低レベルの大混乱状態…関係者が密かに注目する「あの関西馬」がカギ!

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今年の菊花賞は大波乱か?

「まるで2002年の菊花賞のようです」

 そう語るのは、関西の栗東トレーニングセンターを拠点とする競馬関係者だ。ダービー馬・タニノギムレットが不在で、皐月賞馬・ノーリーズンは前哨戦の神戸新聞杯で2着に敗退して不安を露呈していたものの、鞍上の武豊騎手人気もあって消去法で1番人気に押し上げられた。だが、スタート直後に武騎手が落馬して競走中止となり、百十億円もの馬券が数秒で紙切れに変わった歴史に残る一戦、それが2002年の第63回菊花賞だ。

 同レースで勝ったヒシミラクルは確かに歴史に残る名馬だが、このレースでは10番人気と、決して評価されていたわけではなかった。しかも、2着に16番人気だったファストタテヤマが入ったこともあり3連複で34万4630円という高額払い戻しとなった。3連単馬券がある今であれば、100万馬券となっていたかもしれない。

 そして今年の菊花賞が、この大波乱となった02年とシチュエーションが酷似しているというのだ。その共通点を並べると、以下のようになる。

・ダービー馬が不在
・ダービー2~3着馬も不在
・人気の中心は皐月賞馬
・皐月賞を人気薄で勝利
・皐月賞馬は前哨戦で2着
・皐月賞馬は前哨戦からトップジョッキーに乗り替わり(アルアインはクリストフ・ルメール騎手へ、ノーリーズンは武豊騎手へ)
・前哨戦の神戸新聞杯を勝った馬は藤沢和雄厩舎で、菊花賞を回避して古馬路線に挑戦
・前哨戦のセントライト記念は2番人気と1番人気の決着
・セントライト記念を勝ったのは関東馬

 以上のように、菊花賞だけでなく前哨戦の結果や内容を含めても共通点が多く、何やら不気味さも感じられるほどだ。

 仮に菊花賞のレース内容まで酷似するとすれば、ルメール騎手が騎乗するアルアインはスタート直後に落馬してしまうことになるが、さすがにそんなことはないだろう。

 しかし、今年の菊花賞が大混戦であることに疑いはない。登録馬を見ると、02年以上に混戦模様となっている実態が浮かび上がる。重賞勝利実績がある馬は、わずか3頭。02年ですら7頭の重賞勝ち馬がいたのだから、これは長い菊花賞の歴史でも最低の部類に入るだろう。また、登録馬24頭のうち19頭が関西馬で、関東馬は5頭だ。しかも、関東馬のうち2頭は抽選対象なので、場合によっては出走馬18頭中15頭が関西馬という状況もあり得るのだ。

 ちなみに、菊花賞は関西馬が特に強いレースとして知られている。昨年のサトノダイヤモンド、一昨年のキタサンブラックを筆頭に、02年から関西馬が15連勝と関東馬を圧倒している。特に、05年以降は12年連続で1~2着を独占し、関東馬が2度3着に入ったのみである。

 つまり、この菊花賞は関西馬を購入していれば的中する可能性が高いレースといえるが、大事なのは馬券を絞って購入すること。しかし、初心者や関西馬情報を知らない一般人では、なかなかそれは難しいのが現実だ。

 そこで、関西馬情報を知り尽くし、昨年の菊花賞でも9番人気馬をピックアップして好配当を的中させた「関西馬情報を専門に扱う会社」を紹介したい。それが、伝説の元JRA調教師が活動する「チェックメイト」だ。

 チェックメイトは、栗東トレーニングセンター近郊を拠点とし、ありとあらゆる関西馬情報を把握する、全国でもごく珍しい会社だ。馬の状態や関係者の思惑だけでなく、調教師のゴルフや厩務員の競艇スケジュールといったプライベートな情報まで把握するというから驚きだ。

 そして、チェックメイトで活動する2名の調教師の実績もまた凄い。浜田光正氏は、現役時代に名馬ビワハヤヒデで菊花賞を制するなど、菊花賞の勝ち方を知る名伯楽だ。さらに、管理馬ファレノプシスで牝馬2冠を達成するなど、G1レースで合計7勝も挙げている。浜田厩舎で経験を積んだスタッフは、キタサンブラックを管理する清水久詞師をはじめ栗東トレーニングセンターの各厩舎で活躍しており、今も浜田氏のサポートを仰いでいるという。

 さらに、騎手として日本ダービーを勝ち、調教師としてオークスを勝利した清水久雄元調教師も、競馬を知り尽くす伝説の名伯楽だ。共に現役時代は栗東トレーニングセンターで活動していた本物の競馬関係者だ。それゆえに、関西馬情報に精通しているのは当然だろう。この2名以外にも、関西の競馬関係者が多く所属し、一般のマスコミが把握できないような「核心の情報」が連日届けられるという。

菊花賞をビワハヤヒデで制した浜田光正元JRA調教師

 そのような情報に基づいて、これまでに的中させた数々のレースの成績もまた輝かしい。昨年の菊花賞は、関西馬の上位独占を事前に把握し、馬連3510円をズバリ的中させた。特に「西のお宝馬」として発表した9番人気レインボーラインの好走情報をつかんでいたのはチェックメイトならではだろう。また、今年の菊花賞の前哨戦であるセントライト記念と神戸新聞杯は、馬連、3連複、3連単の3種馬券をともにパーフェクト的中させており、盤石の態勢で菊花賞に挑めそうだ。

 そのチェックメイトによると、今年の菊花賞はここ数年にない緊張感が感じられるという。

「今年はダービー馬が不在、皐月賞馬・アルアインが人気を集めそうですが、アルアインについてはさまざまな思惑があります。

 また、ダービーに出走したサトノアーサーとダンビュライト、夏の間に力を付けてきたキセキ、ミッキースワロー、ポポカテペトルなども面白い存在で、現場では大波乱となる可能性が高いと考えられています。

 さらに、昨年のレインボーラインや2002年のヒシミラクル級と関係者内で極秘に名前が挙がる、人気の盲点である『西のお宝馬』の情報も入手済みです。詳細はレース当日まで明かせませんが、今年の菊花賞も大きく期待できます」(チェックメイト担当者)

 今から期待度はグンと跳ね上がっている。しかも、チェックメイトを初めて利用する人を対象に、この菊花賞の「3連単勝負買い目」を無料公開するイベントを実施するという。これは「至高の関西馬情報」をタダで手に入れる絶好のチャンスだ。

 チェックメイトでは、菊花賞情報だけでなくさまざまな無料コンテンツも利用でき、なかでも“ワケアリ”の勝負情報を無料公開する「本日のタネ銭レース」は、新聞に掲載されない本物の関係者情報が公開されている注目すべき内容だ。さらに、業界の裏情報が満載の「競馬裏チャンネル」は、読みごたえ抜群。そして、ちょっと競馬が詳しくなった人にオススメなのが「カネになる栗東キング調教馬」で、この情報をうまく利用すると馬券が当たる確率が高まると好評のようだ。

 菊花賞を的中させて利益を出すために最も大切なのは、やはり競馬関係者の情報、特に「関西馬情報」だ。それを極めたチェックメイトは、まさにうってつけの存在。波乱必至の菊花賞へ向けて、今すぐチェックメイトを利用しよう。
(文=編集部)

無料公開CLICK → 菊花賞「3連単勝負買い目」

※本稿はPR記事です。

菊花賞、過去最低レベルの大混乱状態…関係者が密かに注目する「あの関西馬」がカギ!のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、菊花賞武豊の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!