NEW

『オトナ高校』、童貞と処女を侮蔑&差別連発に批判噴出…「君たちは腐ったチェリーです」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
黒木メイサ

 今クール(10~12月期)の連続テレビドラマ『オトナ高校』(テレビ朝日系)の第1話が14日、放送された。

 ある日、東京大学卒でエリート銀行員、容姿も端麗な荒川英人(三浦春馬)の前に、内閣府特別政務官の嘉数喜一郎(杉本哲太)が現れ、「オトナ高校」への入学召喚状を渡される。嘉数の説明によれば、政府は少子化対策の一環として、性体験のない30歳以上の男女をオトナ高校へ強制入学させ、本当のオトナになるための英才教育をほどこし、性行為をするまで卒業できないという「第二義務教育法案」を打ち出したという。

 荒川は入学すると、担任から“チェリート君”というあだ名を付けられ、日頃の荒川の女性への接し方や口説き方、デートの様子を把握している教師たちから徹底的に“ダメ出し”され、高いプライドをズタズタにされてしまう。

 後日、課外授業として行われた合コンパーティーですっかり不貞腐れてひとりでワインを飲んでいると、キレイな女性が声をかけてきて、告白タイムで告白してほしいと告げられる。一刻も早く卒業したい荒川は、より確実に童貞を捨てる機会を得たい一心で、その女性ではなく容姿の劣る女性に告白するも断られる。その一方、デブで低学歴・低収入の和田島正臣(小出伸也)が美人の女性に告白してOKをもらい、その現実に荒川が腰を抜かすところまでが放送された。

不安要素


 第1話を見た感想としては、テレビでここまで大っぴらに性経験のない人を侮蔑するドラマを放送して大丈夫なのかと驚いてしまった。

「君たち“チェリーボーイズ&ガールズ”に、愛のなんたるかを徹底的に叩き込むつもりです」と宣言した担任の山田翔馬(竜星涼)は、生徒たちを前に「君たちは腐ったチェリーです」と言い放ち、荒川たち生徒は呆然とする。

 最初の授業で生徒たちにあだ名を付けるシーンでは、エリート銀行員の荒川は“チェリート君”、荒川の上司でもある50代の権田勘助(高橋克実)は童貞なのに遊び人を詐称しているということで“サショーさん”と付けられる。そして美人キャリアウーマンの園部真希(黒木メイサ)は、「妻帯者ばかりと付き合い、常に2番手に甘んじてきましたよね。そして重たい女だと敬遠されて、抱いてももらえなかった」と生徒たちの前で暴露され、「そんなあなたのあだ名は、“スペア”です」と伝えられる。また、和田島正臣は「デブで不細工、低学歴・低収入。童貞要素を完璧に備えた君は“パーフェクト”」と容赦なくバカにされる。

『オトナ高校』、童貞と処女を侮蔑&差別連発に批判噴出…「君たちは腐ったチェリーです」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、オトナ高校三浦春馬黒木メイサの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!