NEW

バッタのかき揚げ、セミの燻製…超栄養フード&美味の昆虫食が病みつきになる!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ今昆虫食

 
 キヌア、タイガーナッツ、ミドリムシなど、近年さまざまな新食材「スーパーフード」が注目されている。これらの多くは、その優れた栄養バランスなどが脚光を浴び、健康志向が高まる国々でブームとなったものだ。

 そんなななか、イナゴ、ハチの子、ザザムシなどの昆虫も、食材として改めて注目を集めつつある。2013年には国連食糧農業機関(FAO)が、昆虫を食料や飼料として推奨する報告書を発表した。15年にはイギリスで昆虫食レストランがオープンし、最近アメリカではコオロギのプロテインバーがセレブから一般まで広く人気だという。

 では、昆虫食が注目される理由はなんだろうか。そのひとつは低カロリー、低脂肪ながら優れたタンパク源であることがわかってきたことだ(表1)。それだけではない。例えばイナゴは豚肉肩ロースと比較してビタミンB2が6倍含まれており、バッファローワームというイモムシは、鉄分の体内への吸収効率がサーロインステーキをはるかに凌ぐという調査結果もある。



そもそも日本では

 
 FAOの報告書によると、世界では全人口の27%に当たる、少なくとも20億人が昆虫を食べており、1900種以上の虫が食用可能なものとして知られている。  
 
 日本にも昆虫を食する文化が古くからあった。平安時代に編纂された薬物辞典『本草和名(ほんぞうわみょう)』には、当時の日本人がすでにイナゴを食べていたことを示す記述がある。イナゴ、ハチの子、カイコのさなぎなど、現在でも長野県などの主に内陸県で名産品として売られているのをご存知の方も多いだろう。

 岐阜県南東部(東濃)地域出身の山上奈々子さん(62)にとっては、昆虫食は幼い頃から身近だった。山で薪を採るために木を切る際、木の中にカミキリムシの幼虫「ゴトウムシ」がよく見つかった。それを直火で焼いたものをおやつとして食べていた。白い、トロトロとした食感で美味しかったという。現在でも、機会があればハチの子の缶詰などを食べる。

バッタのかき揚げ、セミの燻製…超栄養フード&美味の昆虫食が病みつきになる!のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、コオロギスーパーフード昆虫食の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!