NEW

深田恭子が「ピンクとふわふわを封印」し、マツコ・デラックスの「可愛いインスタやったってブスはブス」が喝采を浴びる社会における、“可愛いのルール”について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

深田恭子が「ピンクとふわふわを封印」し、マツコ・デラックスの「可愛いインスタやったってブスはブス」が喝采を浴びる社会における、可愛いのルールについての画像1
左:ナチュラルエイトより 右:『andGIRL 2017年 11月号』(エムオン・エンタテインメント)り

 10月10日放送の『マツコの知らない世界SP』(TBS系)で、マツコ・デラックスが“インスタ映えを求める女性”に向けて放った言葉が物議をかもしている。

 きっかけは、ゲスト出演したスイーツバイキング好きの男性が、マツコとのトークの終盤に行った問題提起だった。男性によると、スイーツバイキングの来店客には、インスタグラム投稿などのためにお皿に大量のスイーツを盛り付け写真を撮るも、食べきれないで残していく者が増えていて、現在そういった食べ残しの増加により店側もバイキングの価格を上昇せざるを得ない状況であるとのこと。なぜ食べ残しが増えることで価格を上昇せざるを得なくなるのかは語られなかったが、この話を聞いたマツコは嫌悪感を露わにし、こう言ったのだった。

「ブスの女でしょ」
「そろそろ世間が制裁を加えるべきだと思いますよ、このインスタ映えブームに」
「そろそろブスにブスといってやる時が来ましたわよ、可愛いインスタやったってお前はブスなんだからな! 地に足着けて生きろ、ブスこのやろ!」

 ちなみにマツコが「ブス」と発するたびにスタジオ内からは笑い声と歓声があがっていた。笑えるフレーズだということなのだろう。

深田恭子が「ピンクとふわふわを封印」し、マツコ・デラックスの「可愛いインスタやったってブスはブス」が喝采を浴びる社会における、“可愛いのルール”についてのページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!