NEW

秋限定の日本酒「ひやおろし」を、より楽しめるイベントを専門家がタイプ別にオススメ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1710_sake550.jpg

 お酒が好きかたなら酒屋や飲食店で、この時期よく目にするであろう日本酒の「ひろおろし」「秋あがり」という言葉。瓶のラベルや、ラベルとは別に目立つよう貼られたこの言葉は何なのか? 知ったつもりになって今さら聞けないその意味と、そんな「ひろおろし」「秋あがり」を楽しむことができる、9月から10月に多く開催される試飲会などの日本酒イベントの楽しみ方を提案します。


秋ならではの楽しみ「ひやおろし」「秋あがり」とは?

1710_sake01.jpg

ひやおろし……春先にできたお酒を1度だけ火入れ(加熱処理)した後で、瓶詰めするかタンクに入れて貯蔵し、秋に出荷されるお酒のことを指します。

秋あがり……製法や保存方法に関係なく、春先にできたお酒が夏を越して秋口になってから出荷されるお酒のこと。または2度火入れして秋口を迎えたお酒のこと。

 このように言われてはいますが、実は厳密な定義はなく、酒蔵によって「ひやおろし」と「秋あがり」の使い分けは異なります。だから、どちらも一定の期間を経て熟成させたことによって、つくりたての新酒にあった荒々しさ、とげとげしさが落ち着き、味や香りがまろやかになったもの、と覚えておくと良いでしょう。

 酒づくりというのは一般的に、10月下旬から5月上旬頃までの気温が低い期間におこなわれます。11月以降徐々に出荷されてくる新酒は、フレッシュな口当たりや、その年の酒米の出来、酒の出来を確認する楽しみを持ち合わせています。しかし生まれたての赤ちゃんみたいな新酒は、扱いによって変化しやすい日本酒のなかでもより繊細。飲み方や保管は、それぞれに適した方法を見極める必要があります。その一方で、「ひやおろし」は新酒に比べ熟成が進んでいたり、味わいがまろやかになって落ち着いている分、冷酒、常温、お燗…と比較的幅広く楽しむことができるので、サンマやきのこ、根菜など旬の食材を使った料理にも合わせやすい傾向があります。


初心者は試飲会へは行くな!? 日本酒イベントの特徴

 ひやおろしが出てくるこの時期、日本酒のイベントが各地で開催されています。飲食店主催、各県酒造組合主催、民間企業主催などさまざまなものがあるので、これからはじめての日本酒イベントに出掛けようとしている人のため、それぞれの特徴と、オススメ度を5つ星で紹介します。

秋限定の日本酒「ひやおろし」を、より楽しめるイベントを専門家がタイプ別にオススメ!のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!