NEW

菊花賞、人気のアルアインの裏ネタを入手…西高東低の競馬界、愕然とするほどの実力差

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
昨年はサトノダイヤモンドが快勝した菊花賞

 10月15日に行われた第22回秋華賞(G1)は関西馬のディアドラが勝利したが、7年連続で関西馬が勝利するという、まさに西高東低の結果となっている。政治や経済の中心は関東だが、競馬の中心はもう何年も前から関西なのである。

 秋華賞にかかわらず、競馬は基本的に西高東低が鉄則、格付けの高い重賞レースでは関西馬が関東馬を圧倒しており、先日の秋華賞も1番人気は関東馬のアエロリットだったが、あっさりと7着に敗退しており、関西馬との力の違いをまざまざと見せつけられた格好だ。また、今週末に行われる第78回菊花賞(G1)も2002年から関西馬の勝利が続いており、関東馬と関西馬の差は歴然となっている。

 馬券を購入する際は、データや著名人の予想などを参考にする人が多いかもしれないが、大事なのはやはり正確な情報を入手することだ。特に、圧倒的に強い関西馬情報を制する人は、馬券で大儲けする傾向があるという話を耳にする。

 たとえば、秋華賞では1着から3着まで関西馬が独占した。シンプルに関西馬の馬券を全組み合わせ買っているだけでも馬券を的中させられる可能性が高いわけだが、同レースでは18頭中関西馬が13頭も出走しており、全組み合わせを買うには莫大な資金が必要となってしまう。大事なのは、この13頭の中から確実に馬券に絡む3頭を選び、そしてその馬の組み合わせを効率よく買うことだ。これが馬券を的中させて、しかも利益をあげるポイントだ。

 しかし、日本全国の競馬ファンにとって、馬券になる関西馬情報は、なかなかお目にかかる機会がないというのも現実である。たとえば、競馬専門紙の数を比較しても、関西より関東のほうが多く、またスポーツ紙や競馬関連のインターネットサイト、テレビなどマスコミも関東を拠点とするものが多い。逆に言えば、表に出ない関西馬情報が多数存在していることになる。

 関西馬が大きな活躍を見せているにもかかわらず、マスコミのバランスが東に偏っているという矛盾。これが結果として多くの競馬ファンや競馬専門紙などの的中率や回収率に影響しているのではなかろうか。

 つまり、競馬予想において関西馬の情報を探すには、既存のマスコミのみを利用するのはまったく的外れな手法であり、より確実性が高く、既存の発想にとらわれない新たな手法が求められているといって間違いない。そこで注目されているのが、関西を拠点とし関西馬情報を専門に扱っている情報会社「チェックメイト」の存在だ。

 チェックメイトは、関西馬の本拠地である滋賀・栗東トレーニングセンターと目と鼻の先に事務所を置き、ありとあらゆる関西馬情報を把握する「最強の関西馬専門の競馬情報会社」だ。その中心にいるのは、栗東トレーニングセンターで実際に調教師として活動していた浜田光正氏と清水久雄氏の元JRA調教師。浜田氏は現役時代にビワハヤヒデで菊花賞を制するなど7つのG1レースを勝利した名伯楽。ちなみに、昨年の年度代表馬で今年もG1レースを2勝しているキタサンブラックを管理する清水久詞調教師は、調教助手時代、浜田氏に師事し、桜花賞、秋華賞、エリザベス女王杯を制したファレノプシスを担当していた。

 このチェックメイトは、関西馬が上位を独占した秋華賞においても、「3連単情報」で1万4760円の万馬券を的中させているように、その実力は本物だ。菊花賞に関しても、昨年のレースで好配当を的中させただけでなく、前哨戦のセントライト記念と神戸新聞杯を的中させており、まさに的中に向けて条件が揃ったといえるだろう。

前哨戦のセントライト記念も見事的中

 また、チェックメイトは常に「高確率で馬券に絡む関西馬」の情報を入手しており、この秋も9月17日の阪神7レースにて3連単17万6530円、3連複2万7200円、馬連3630円の超高配当馬券を的中させたほか、9月30日阪神9レースのヤマボウシ賞でも、2番人気だった関西馬・ドンフォルティスと、人気薄の関西馬・オーロスターキス(10番人気)から、3連単8万5460円、3連複2万3210円、馬連5750円を的中させている。

 さらに、10月7日京都7レースでも馬連680円、3連複4600円、3連単1万3040円的中、秋華賞前日の10月14日東京1レースでは馬連410円、3連複7020円、3連単2万9870円的中など、毎週のように万馬券を的中させている。

 今週末は、3歳クラシックの大一番である菊花賞が行われるが、今年はダービ馬・レイデオロが出走を回避したこともあり、かなりの混戦模様となっている。予想が非常に難解なレースのようだが、チェックメイトはこのレースに対し、下記のようなコメントを発している。

「先週末の秋華賞では、関西馬と関東馬の比較から関西馬で獲れると予想を公開し、万馬券を的中させました。今週末の菊花賞は、出走馬の大半が関西馬となりますが、この中から馬券になるとみられる関西馬の情報をシッカリ掴んでいますので、秋華賞と同じくらい勝負できます。もちろん、実績馬・アルアインの“表に出せない裏ネタ”や、通常のマスコミでは絶対に入手できないだろう“関西馬の勝負情報”が届いており、今年は特大万馬券が濃厚といえるでしょう」

 さすがに詳細な情報や具体的な馬名は語られなかったが、チェックメイトは先日の秋華賞、昨年の菊花賞、そして今年の菊花賞の前哨戦をすべて的中させており、実績的にはまったく隙がない状態。この関西馬ネタは、菊花賞を的中させて一獲千金を狙うファンにとっては最重要情報といえる。それだけに、高い情報料を払わなければ教えてもらえない情報のように思われるが、チェックメイト担当者から衝撃のコメントが寄せられた。

「初めて利用される方に対し、『菊花賞の3連単情報』を無料で提供します。本物の関西馬情報をぜひ体験してください」

 これは絶対に逃がせないビッグチャンスだ。マスコミがまったくノーマークで、なおかつ特大万馬券となる可能性もある貴重な関西馬情報を、無料で提供してくれるのだ。これは絶対に見逃がせない。

 さらに、『菊花賞の3連単情報』以外にも、ワンコインで午前の資金づくりをサポートする『ワンコイン投資プラン』をレース前日に公開するなど、さまざまな買い目情報などを無料公開するという。ちなみに、この『ワンコイン投資プラン』では、秋華賞前日の10月14日東京1レースにて馬連410円、3連複7020円、3連単2万9870円的中し、秋華賞の資金づくりに成功している。

 ほかにも、レース当日公開の人気コンテンツ『本日のタネ銭レース』でも、10月8日の東京10レースのテレビ静岡賞で3連単1万8880円のほか、秋華賞当日の10月15日新潟9レースでも3連単4860円を的中している。

 もちろん、今週末は菊花賞がもっとも注目を集めるレースではあるが、あくまでも土日に行われる72レースのうちのひとつ。その他のレースでも楽しみたいのが競馬ファンの心情だろう。そんな夢を叶えてくれるチェックメイトの無料サービスを、ぜひこの機会に利用していただきたい。
(文=編集部)

無料提供CLICK → 「菊花賞3連単情報」

※本稿はPR記事です。

菊花賞、人気のアルアインの裏ネタを入手…西高東低の競馬界、愕然とするほどの実力差のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、セントライト記念神戸新聞杯秋華賞菊花賞の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!