NEW

天皇賞、大人気のキタサンブラックの状態は…超豪華メンバー集結のレースを読み解く!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
G1レースを的中させまくる至高の情報とは?

 スポーツの秋という言葉があるように、今週は注目のスポーツイベントが日本各地で行われる。プロ野球は28日からSMBC日本シリーズが始まり、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)は25日に天皇杯の準々決勝が行われる。そしてこの秋話題を集めている競馬は、G1レース優勝馬8頭が出走予定の超豪華メンバーが揃った第156回天皇賞(秋)が29日に行われる。当日は10万人近いファンが東京競馬場に来場すると見込まれており、まさにスポーツの秋にふさわしいビッグイベントといえよう。

 プロ野球の日本シリーズは最大7試合という長丁場だが、天皇賞は一発勝負の大一番。しかも、日本全国数百万人の競馬ファンが参加し、この1レースだけで200億円ともいわれる大金が投じられる。わずか2分弱のレースにこれほどの大金が動くのは世界的に見てもまれであり、いかに日本の競馬が大衆に広まっているかを証明するものだろう。

 この天皇賞は、古馬から3歳の若駒、そして牡馬も牝馬も分け隔てなく最高レベルの実力馬が多数出走する日本競馬を代表するレース。1着賞金は1億5000万円で、過去にモーリス、ウオッカ、ダイワメジャー、スペシャルウィーク、エアグルーヴなど歴史に残る名馬が勝利してきたレースだ。

 そしてハイレベルがゆえに予想が難解なレースでもあり、過去に幾度となく前走で大敗した人気薄の実力馬が好走し、波乱の結果となっている。

 読者の中には、今回の天皇賞から馬券を買ってみようと考えている初心者や、あるいは久々に馬券を買おうと考えているファンもいるのではなかろうか。だが、ちょっと待ってほしい。ここでとっておきの情報を皆様にお伝えしたい。

 あなたは競馬界を代表する至高のメンバーが揃った「競馬セブン」をご存じだろうか。競馬セブンは、そんじょそこらの予想家や競馬マスコミとはモノが違う。創業20年の歴史があり、競馬界でも著名な関係者が多数在籍しているのだが、そのメンバーは圧巻である。

・元JRA騎手でJRA競馬学校の元教官『徳吉一己』
・競馬記者暦40年以上の現役トラックマン(競馬記者)『古川幸弘』
・名馬・タマモクロスなどを手掛けた関西の名伯楽、元JRA調教師『小原伊佐美』
・内田博幸騎手の身元請負人でもあった元JRA調教師『嶋田潤』
・札幌馬主会の元理事で、「馬産地日高の帝王」との異名を持つ『斉藤隆』
・社台スタリオン荻伏の元場長で、社台一強の基礎を築いた重鎮『林勲』

 この6名だけでなく、末端まで含めると総勢数百人規模の情報網があり、彼らから寄せられる本物の関係者情報は至高の極致といえるもの。しかも今年はさらなる大物関係者が数名加入して、情報力は大幅にパワーアップしているというから驚きだ。

 各スポーツ紙や競馬専門紙で活躍する記者も、もちろん現場で活動しているが、その多くが実際に競馬の内部を知らない一般人のサラリーマンだ。競馬セブンに所属する関係者のように、実際に競馬の内部で活動し、裏も表も知り尽くす本物の競馬関係者は少ない。

 その点、競馬セブンはその人脈で騎手、調教師、馬主、生産、トレセン、外厩など幅広く情報のパイプを構築しており、その情報網はスペシャリストばかり。創業20年の長期にわたり築き上げてきた人脈は数千人規模であり、大物馬主や調教師はもちろん、騎手、厩舎スタッフなどから紙面には載らない本音を入手できる。

 当然、信頼関係から成り立つ人間関係があるからこそ、マスコミには話さない本音を聞き出せるのだ。彼らが入手する内部情報は、一般の競馬ファンやマスコミ、競馬記者では入手不可能な内部関係者情報なのである。

 実際の馬券実績は挙げればきりがないが、この秋もスプリンターズステークスを筆頭に的中を連発させている。注目度が高い春のG1レースでも大阪杯、高松宮記念、皐月賞、NHKマイルカップ、安田記念などのレースを的中させており、その実力は折り紙付きだ。

人気薄のスピルバーグが勝利した2014年の天皇賞(秋)もズバリ的中!

 そして天皇賞(秋)においても、2016年7430円的中、2014年2850円的中、2013年1400円的中と、ここ4年でも3度的中しており、「ドル箱レース」といえる。今年も並々ならぬ自信があるようで、相当な手応えを感じているという。

「前哨戦の毎日王冠では、断然人気のソウルスターリングが直線で失速し敗戦しました。休み明けでテンションが高かったことが敗因のひとつといえます。今回は人気が落ちるだけに、状態面に不安がなければ狙い目となるでしょう。もちろん、我々と密接な関係にある社台グループ関係者からの情報で、その確認は万全です。

 また、競馬ファンがもっとも気になるのは、1番人気になることが濃厚なキタサンブラックでしょうか。大阪杯、天皇賞(春)と連勝しましたが、激戦の疲れが抜け切れず、宝塚記念では9着に敗退。競馬セブンでは、キタサンブラックの状態面に不安ありとの情報を事前に入手していたので、あの凡走は当然のことと考えています。断然1番人気ではありましたが、弊社では『危険な人気馬』として扱っていました。この秋はキタサンブラックを天皇賞(秋)からジャパンカップ、有馬記念という古馬王道路線で使うようですが、どのレースにピークをもっていくかという状態面がカギになるでしょう。こちらについても、弊社の情報ルートで確認してあり、態勢は問題ありません。

 なお、我々は、ある陣営から“核心の勝負情報”を入手しており、このレースに関する予想を『確信の◎』として皆様に無料で提供します。少点数で高配当を的中させる自信がありますので、ぜひこの機会に競馬セブンの天皇賞情報を利用してみてください」(競馬セブンスタッフ)

 まさに、強気コメントの連発だ。コメントにあるように、競馬セブンのスタッフによれば、この記事を読まれている読者を対象に、昨年も馬連2420円を的中させている『天皇賞秋・3点勝負』を無料で配信してくれるという。

「さらに、自信の証明として天皇賞(秋)が馬連3点で的中できなければ、年末の有馬記念までの全G1レース情報も無料で公開します」(同)

 このように、予想が外れた場合のフォローまで示していることから、その自信度はかなりのものといっていいだろう。そして最後にこう付け加える。

「週末は何十レースも行われますが、同じレースはひとつも存在しません。今年の天皇賞を逃がすと、次にこのような条件で情報を提供できるレースはないでしょう。今年は好配当を少点数で的中できる絶好のチャンスです。絶対にお見逃しのないようにしてください」(同)

 ソウルスターリング、リアルスティール、マカヒキ、サトノアラジン、サトノクラウン、ワンアンドオンリー、ネオリアリズムといった豪華メンバーが揃った注目の天皇賞(秋)。この大一番は、競馬セブンが無料提供する至高の情報を利用して好配当を的中させよう。
(文=編集部)

無料公開CLICK → 「天皇賞(秋)3点勝負」

※本稿はPR記事です。

Pick Up News

天皇賞、大人気のキタサンブラックの状態は…超豪華メンバー集結のレースを読み解く!のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、キタサンブラックソウルスターリング天皇賞(秋)の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!