NEW

実写版『銀魂』をヒットさせた福田雄一監督の最新作『斉木楠雄のΨ難』もメチャ面白い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1710_saiki550.jpg
映画『斉木楠生のΨ難』公式サイトより

 最近の日本映画界を席巻し続ける才人のひとりとして、福田雄一監督が挙げられる。1968年生まれの栃木県出身、演劇活動からキャリアをスタートさせながら、並行して放送作家として『SMAP×SMAP』『いきなり!黄金伝説』など数多くの人気バラエティ番組の構成を手掛け、やがて『THE3名様』シリーズ(05~10年)などドラマ演出に進出。 

 2009年に自身の舞台を映画化した『大洗にも星はふるなり』で映画監督デビューを果たし、その後TVドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズ(11~16年)でのゆるゆるヒーローぶりが人気となり、同時期にまさかの映画化を果たした『HK/変態仮面』シリーズ(13&16年)がクリーンヒット。その後も着実にTV、映画と作品数を重ねていき、今年は何とあの『銀魂』を演出し、原作ファンも納得させながらの大ヒットとなった。

 福田監督作品の特徴としては、TVも映画も関係なく、とにかくゆるい脱力気味のギャグをエネルギッシュに連発させながら、見る側をぽよぽよしたほんわか気分にさせてくれるとことにあり、またくだらないことをひたすら真面目に熱心に繰り広げていくことで、可笑しみの中にどこかしら哀愁漂う、まさにマーク・トウェインが説くところの「ユーモアの源泉は哀愁である」に倣ったセンスと力量で作品を連打し続けているところにあるだろう。

 また、それゆえか作品の数が増えていくごとに、最近は不思議なまでに映画的な見せ方が上手くなってきている感もあり、さらには緩急のつけ方として『銀魂』ではゆるゆるギャグと壮絶な殺陣のメリハリに腐心しているのが読み取れ、これまた好感を持てるところがあった。

 そんな福田監督の最新作が、これまた「んなもん、実写映画化しちゃうのか?」と原作ファンもびっくりの、『斉木楠雄のΨ難』である。

 原作は麻生周一が「週刊少年ジャンプ」に連載中の同名マンガ(余談だが、福田監督は『HK/変態仮面』『銀魂』と、集英社系マンガ原作の実写映画化が多い)。その内容は、生まれたときからとんでもない超能力を備え持ち、何とかその事実をひた隠しながら普通の高校生として地味に生きようと努める斉木楠雄の日常を描いたもの。

 何せ彼の超能力は度を超えていて、壁ドンするだけで建物が破壊されるほどで、その気になれば地球を壊すことも、宇宙を崩壊させることすら可能ではないかと思えるほどで、あまりにもすごい力ゆえに10代にして既に世の中に対して冷めたものがあり(ちょっとその気になるだけで学力は1位になれるし、スポーツも万能。しかし、それを表に出すことはできない)、終始無表情を装っているというより、もう感情を表に出せない性格になっているかのようでもある。

 しかし、無難な日常を送りたがっている彼ではあるが、クラスメイトなど周りにいる連中が、もうワケありなんて言葉もどこかへすっ飛んでしまうようなアホ、とにかくアホ、本当にどうしようもないほど個性的なアホ揃いで、そんな彼らとともに文化祭という一大行事を過ごさなくてはならなくなったのであった!

実写版『銀魂』をヒットさせた福田雄一監督の最新作『斉木楠雄のΨ難』もメチャ面白い! のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!