NEW

異性装で子育て、血の繋がらない家族、同性愛。漫画『ニコイチ』が私たちに教えてくれる「ゆるやかなダイバーシティ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

異性装で子育て、血の繋がらない家族、同性愛。漫画『ニコイチ』が私たちに教えてくれる「ゆるやかなダイバーシティ」の画像1
Amazonより

 私はオタクであり、映画やアニメ、音楽、ゲームなどサブカル全般、そのなかでも特に漫画が大好きで、男性向け女性向け、ジャンル問わず面白いと思ったものは読みます。漫画をはじめ、サブカルやエンタテインメントから学んだり、励まされたり、影響されたり、きっかけを得たりすることがたくさんあります。考察したり、読み取ったものを共有したりすることで、話した人の新たなパーソナリティを知ることもできるのです。

 wezzyでも私の好きな作品を紹介したいと思います。今回は金田一蓮十郎さんの漫画『ニコイチ』についてお話します。

 作者は1997年に『ジャングルはいつもハレのちグゥ』でデビューした女性作家です。2001年にアニメ化もされたので見ていた人もいるのではないでしょうか。

 その後の『ゆうべはお楽しみでしたね』では主人公とオンラインゲームでつながった友人たちとの交流やルームシェア、『ラララ』では初対面の女性と契約結婚をし夫婦について考えていく主人公……というように、いわゆる“普通”とされているものから少し外れたところにある人物や出来事を描くことが多く、ジェンダー感や既存の人間関係のあり方をゆるやかに考え直せる作品群を発表しています。といってもかわいらしい絵柄で、男女問わず抵抗なく読めるのではないかと思います。

異性装で子育て、血の繋がらない家族、同性愛。漫画『ニコイチ』が私たちに教えてくれる「ゆるやかなダイバーシティ」のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!